「心」を強くすれば英語を話せるようになります

 

色々と英語学習の相談を受けることが

多いわけですが、そんな中で既に十分な

英語力(英会話力)があるのに、なかなか

英語を話せるようにならない、或いは

聴き取れるようにならないという人がいます。

 

聞けば英検1級とか、TOEIC 900点以上とか、

相当な英語力をお持ちなのですが、

実際に外国人を目の前にすると、シュンとして

下を向いてしまうそうなのです。

 

実際のところ、一般的な日常英会話で

必要な英語力は中学英語に毛が生えた程度で

十分と言われています。つまり、英検1級とか、

TOEIC 900点とか、そんなオーバースペックな

英語力は必要ないのです^^

 

では、英会話において何が必要なのか?

と言えば、それは間違いなく「強い心」です。

強い心というのは、外国人を目の前にしても

決して動じない「平常心」とか、「自尊心」

のことです。

 

特に「自尊心」はとても大事で、自分のことを

卑下する性格の人は、たいてい英語を上手に

話すことが出来ません。なぜなら、自分は

ダメな人間だ…と思い込んでいる人は、必ず

人前で緊張したり、アガってしまったりするから

です。

 

確かに、自尊心のある人(高慢な人はイヤですが^^;)

は、いつでも堂々としていますね。故に、英語を

話す時にも常に平常心で、ゆったりとした気持ちで

いられる為、自信をもって会話が出来るのです。

 

しかし、自尊心のない人、心が弱い人というのは

常にビクビク、オドオドしています。周りの人や

相手が自分より優れている…と常に思っているので、

自信がなく、消極的になりがちというわけです。

 

では、どうすれば心を強くして、自尊心を

持つことが出来るようになるでしょうか?

そのためには、自分の「良いところ」をいくつか

挙げて意識してみると良いです。

 

これは今までの成功体験でも良いです。

何か一生懸命努力して成し遂げたことがありませんか?

あるいは人のために何かして喜ばれたことが

ありませんか?そのような、自分の「良いところ」

にフォーカスすることで、あなたの自尊心を

育むことが出来ます。

 

少しずつ自尊心を高めることで、対人的に

自信をつけることが出来るようになります。

 

そして、そのような自信が次の自信を呼び、

「正のスパイラル」に入ることが出来れば…

あなたは堂々と英語を話せる強い「心」を

持てるようになるはずです!ぜひ、健全な

「自尊心」を身につけ、心を強くしましょう^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ