英語の学習を肯定的に捉えられる人はナゼ強い?

 

同じ英語の勉強をしている人でも、

「ああ楽しいな!」「面白いな!」

「勉強になるな!」と、前向き・肯定的に

続けている人と、

「あ~あ、面倒臭いな…」「つまらないな…」

とネガティブ・否定的に続けている人では

結果に大きな差が出ます。

 

これは英語の学習に限ったことではありませんが、

やはり英語の勉強一つとっても、常に前向き、

肯定的に物事を捉えられる人というのは

「伸び」が全然違うのです。

 

このゴールデンウィーク中にも、色々と

メルマガ読者・メール講座受講生の方々から

メールを頂きましたが、本当にその傾向が

顕著に感じられました。

 

あるメール講座受講生は、リスニングの動画が

楽しくて仕方がないと言われ、また別の受講生は

洋画・海外ドラマの動画を使ったディクテーション

をしただけで他の英語の音声も明瞭に聴き取れる

ようになって驚いた!と言われています。

 

一方で自分の年齢や性格を言い訳に

「なかなか勉強を始める気にならない」とか、

「いくらやっても聴き取れる気がしない」とか、

ネガティブで否定的な愚痴ばかり言われる方も

いらっしゃいます。そんな方はなかなか初心者の

域を脱することが出来ません。

 

実際、両者が実践している英語の学習は

まったく同じものです。しかし捉え方によって

「楽しい!」「やりがいがある!」となったり

「きつい!」「いつまでやればいいのか!」

となったりするのです。

 

では、なぜ肯定的に捉える人の方が強いのか?

と言えば、答えは簡単で、肯定的に捉えた方が

長く続けることが出来るからですね。

 

同じように大変な英語の学習内容であっても、

それを「辛い」「苦しい」と捉えるのではなく、

「楽しい」「やりがいがある」と捉えることで、

単純に英語の学習を長く続けられるように

なるわけです。

 

しかし、否定的・ネガティブに捉える癖が

ついてしまっている人は、少しでも大変だ…、

辛い…と感じると、そこで学習がストップして

しまいます。その先に進むことが出来ないのです。

これが、ポジティブな人とネガティブな人の

最も大きな差(違い)と言えます。

 

このゴールデンウィーク中に、海外へ行かれた方や

国内の観光地などで外国人と英語で話す機会に

恵まれた方もいらっしゃることと思います。

 

もしそんなキッカケがあって、これから英語の

勉強をしてみようかな…と思われたのであれば、

ぜひ「前向き・肯定的」な姿勢で学習を続ける

癖をつけてみて下さい。

 

いつでも「楽しいな!」「勉強になるな!」

「やりがいがあるな!」という気持ちでいれば、

英語の学習を長く続けることが出来るはずです。

そして、長く続けることが出来れば、当然ながら

英語を話せるようになるはずです^^

ぜひ、頑張って下さいね!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ