なぜ簡単な英語なのに聴き取れないのでしょうか?

 

初めてアメリカへ行き、マクドナルドに

入った時、とーっても簡単な英語なのに

何度聞いても聴き取れずにショックを受けた

表現がありました。

 

それが… For here or to go?、つまり

「店内でお召し上がりですか?お持ち帰り

ですか?」というやつです。ええ、これ、

アメリカへ行ったことがある日本人なら皆

一度は聞き返してしまう英語表現ですよね^^;

 

ハッキリ言って、単語も超カンタンです。

for 、here 、or 、to 、go …なんて、

中学校で習うような基礎的な単語ばかり。

それでも、実際の英会話となると早口で

さっぱり聴き取れなくなってしまうのです。

 

その理由は、日本人が「単語」単位で

英語を捉えようとしているから、

For here or to go? という音を聞いても、

それを理解することが出来ないのです。

 

For here or to go? であれば、それ以上

細かく分けず、そのままの慣用表現で

音を丸ごと覚えてしまう。それをせずに、

常に「単語」単位に分解して理解しようと

するから、いつまで経っても英語を聴き取る

ことが出来ない…というわけです。

 

実際、このような英語の慣用表現

(音のまとまり)というのはたくさんあり、

それらを聴き取れるようになるためには

単語を一生懸命暗記しても、どうしようも

ありません。

 

では、どうすれば英語を聴き取れるように

なるのでしょうか?そのためには、日頃から

出来るだけたくさんの英語の慣用的な表現に

触れるようにして下さい。

 

英語の慣用的な表現は、英会話教材などを

買う必要はなく、YouTube などでいくらでも

無料で聴くことが出来ます。そんな英語圏の

生の英語音声をどんどん聴いて耳に入れる

ようにすると良いのです。

 

そのような英語圏の生の英語音声には、

ネイティブ・スピーカーたちが日常生活で

使っている英語の慣用表現(音のまとまり)が

たーくさん詰まっています。まさにそんな

英語の慣用表現をどんどん耳に入れて慣れ、

覚えることが唯一のリスニング力向上の秘訣と

言えます。

 

それをせずに、英単語ばかり暗記しても、

実際にネイティブ・スピーカーに

For here or to go? と簡単な単語の

英語表現を尋ねられただけで「?????」

となってしまうわけですね。

 

もしあなたが、本気で英語を聴き取れるように

なりたいのであれば、あと5時間で終了となる

このメール講座がおススメです。ぜひ、

このゴールデンウィークに、あなたの英語の

リスニング力を劇的に向上させて下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/7step_listening_sp15/

 

 

追伸:

メール講座の配信開始をゴールデンウィーク明け

にして下さいという希望も結構たくさん頂いて

います。お申込み頂いてから「○月○日から配信

希望」とお伝え頂ければ、自由に変更することが

可能ですので、お気軽にお申し付け下さい^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年4月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ