英語で間違えても恥ずかしくありません。なぜなら…

 

英語を話す時、間違えると恥ずかしい…

変なことを口にしてしまったらイヤだ…

と思われる方がとても多いです。

 

特に女性の方は、変なことを言って

笑われたらどうしよう…とか、失敗する

ことを極端に怖がっている方が多いですね。

 

しかし、私たち日本人が英語で多少の

失敗をしたところで、それがそんなに

「恥ずかしいこと」でしょうか?

 

当たり前ですが、私たちの母国語は

日本語です。日本語で間違えたら少しは

恥ずかしいかも知れませんが(と言いつつ、

私は日本語で間違えてばかりいます^^;)、

英語で間違えても、大目に見てもらっても

良いのではないでしょうか。

 

だって、私たちは日本語のネイティブ・

スピーカーなのですから!英語が苦手でも

当然なんですよ。

 

何だか、世の中の風潮というか、

イングリッシュ・スピーカーのおごりと

いうか、「英語が出来て当たり前」みたいに

思っている人がいますが、そんなことは

決してありません。

 

日本の国内であれば、日本語を話すのが

当たり前なのです(笑)。そこで英語が

少し話せないからといって、自分を卑下

したり、ましてや「恥ずかしい…」なんて

思う必要はまったくありません。

 

逆に「恥ずかしい…」といって、

いつまでも英語を口に出来なかったり、

いい大人がモジモジしている方が

もっと恥ずかしい気がします。

 

英語が多少ブロークンでも、何も

気にせずガンガン英語を話しましょう。

少し間違ったぐらいであなたのことを

笑いものにする外国人はいません。

 

むしろ、片言でも英語を話せるのであれば、

それはカッコいい日本人じゃありませんか^^

ぜひ、そんなスタンスで、恥ずかしがらずに

堂々と英語を話しましょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年4月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ