必要なことだけ勉強する英語の効率化って何?

今日は英語の勉強における「効率化」の話です。

先日、知り合いが英語の勉強でつまずいているので、
アドバイスして欲しいということで、その人と直接会って
色々と話をしたわけですが…。
何というか、典型的な「真面目な」日本人の英語の勉強の仕方を実践して
いるわけです。

例えば、英文法は参考書の最初から最後までキッチリと読み、それを
キレイにノートにまとめ、また昔ながらの単語暗記カードに丁寧に英語
と発音記号、その裏に日本語の訳を書いて、これを毎日ブツブツやって
いるわけです。

いえ、それが間違っているとは決して言いませんよ(^^;
そのような勉強法は、要するに「王道」と呼ばれているやり方ですし、
当然そのような方法できちんと英語を習得されている方もたくさん
いらっしゃるわけです。
しかし、その人が言うには「どうしても英語を話せるようにならない」
ということなんですね。

いくら真面目に勉強しても、いくら地道に努力しても、実際に英語を
話せるようにはならない、と悔しそうに訴えます。
で、ここが一番大切なわけですが、別に一生懸命勉強したから英語を
話せるようになるわけではないのです。

別に努力さえすれば英語を身につけられるというわけではないのです。
特に日本人は勤勉で真面目な人が多いので、どうしてもそのような悲劇
が起きてしまうわけですが、英語を身につける上で大切なのは努力とか
忍耐とか、そういう精神論ではなく、簡単に言ってしまえば、徹底的に
効率化された「方法論」が必要なわけです。

特にこの「効率化」というのが何にも増して重要なのですが…。
では、英語の勉強において「効率化」とは何でしょうか?
はい、ズバリお答えしますね(^^)
それは「自分に必要なものだけを身につける」という一言に尽きます。

それが、英語の勉強における究極の「効率化」なんです。
もしあなたが英語を確実に、しかも短期間に身につけたかったら、
余計なものまで勉強しないことです。
この方のように、多くの日本人は生真面目に勉強しすぎなんですね。

英文法書の一から百まで覚える必要はありません。あなたが話す英語で
必要な部分だけを身につければ良いのです。

英単語のすべてを覚える必要はありません。あなたが話す英語で必要な
単語だけを覚えておけば良いのです。
このような「効率化」の考え方が、実は英語の習得における成功への
第一歩と言っても過言ではありません。
しかし、こう言ってもまだ従来の英語の勉強法に固執していらっしゃる
方が本当に多いのです。
実にモッタイないと思うんですよね。

効率化さえうまくいけば、英語なんて本当にすぐに話せるようになる
のに…。

どうか、これを読んだ皆さんには「気付いて」欲しいと思います(^^)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ