英語を単語単位で捉えていませんか?もしそうなら…

 

洋楽を唄うのが上手な友人に、

そのコツを教えてもらいました。

そもそも、その友人は邦楽も上手なので、

音楽的センスが良いのでしょうが…。

 

その友人のコツ通りに洋楽を唄うと、

どんなに下手くそな人も、とても上手に、

カッコよく(本人は気持ち良く)歌を

唄えるようになります。

 

そのコツとは、「音のまとまり」で

区切って唄うことです。歌詞の意味や

単語で区切るのではなく、完全に

聞こえたままの「音」で区切るのが秘訣

ということです。

 

…ここでピン!と来た人は私の英語習得法を

よくご存じですね^^

そうなんです、実は私の友人が提唱している

「洋楽の上達法」は、まさに私が推奨して

いる英語の捉え方の第一段階そのもの…

なのです。

 

簡単な例で言えば、去年大流行した

Frozen「アナと雪の女王」の Let it go

ですが、あんなもの皆が「レリゴー、

レリゴー」って口ずさんでいましたよね。

 

あれを「レット・イット・ゴー」なんて

単語一つ一つを区切って唄う人はいない

わけですが、英会話で英語を話す時になると、

どういうわけか単語単位で区切って英語を

話そうとする人がとても多いのです。

 

今回紹介している私の新しい動画内でも

取り上げていますが、例えば英語の定番の

あいさつ、How’s it going? というのが

あります。

 

これは「元気?」とか「調子はどう?」

みたいな英語の定番挨拶表現の一つですが、

こんなのを単語単位に分解するから

意味も分からないし、発音もおかしくなって

しまうというわけですね。

 

Let it go なら「レリゴー」なんて

とっても英語らしい、素晴らしい発音を

出来るのに、他の英語になると単語単位で

区切って、いかにも日本人的な発音になって

しまうのもおかしい話です。

 

それでは、どうすれば単語単位で区切らず、

カッコいい英語を話せるようになるのでしょうか?

実は、その答えは英語を聴き取ること、つまり

リスニングの秘訣そのものでもあります。

 

英語を単語単位で捉えないこと、

リスニングの時に英語を文章化して理解しようと

しないこと、そして、スピーキングの時に

頭の中で英作文をしながら話そうとしないこと…

これらが英語を話せるようになる上で、

あなたが最も気を付けるべき注意点と言えます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ