あなたの英語表現に決定的に足りないものとは?

 

ある程度、英語を話せるようになると

オンラインの英会話で実際に外国人と話したり、

或いは実際に外国人と会ってお喋りしたり…

という機会が増えると思います。

 

ただ、何となく会話が盛り上がらないとか、

どことなくぎこちなく感じてしまうとか、

そんな悩みを持っている人は多いようです。

 

特に、自分と会話している時よりも

他の人と会話している時の方が、相手が

楽しそうに見えてしまったりすると、

自分の英語のどこがいけないのかな…と

落ち込んでしまうものですね。

 

日本人の英会話が盛り上がらない原因の

一つとして考えられるのが、

「形式的過ぎる」ということです。

 

例えば、英語を話そうとする時に、

書店で手に入るような英会話フレーズ集の

会話例を一通り覚えて口に出せば、誰でも

ある程度の会話は出来るようになるでしょう。

 

しかし、そのようなフレーズというのは、

はっきり言ってしまえば、あなたの心からの

言葉・表現ではない…ということです。

 

もちろん、最初のうちはそんなフレーズを

丸暗記して口に出してみることが大事です。

それで、実際に英語が通じるという楽しさ、

成功体験を得ることはとても重要だからです。

 

とは言うものの、多少英会話に慣れてきたら、

いつまでも定型フレーズだけを口に出すのでは

なく、そこに「あなたらしさ」を加えてみる

ようにしてみることが大事です。

 

例えば、美味しいものを食べた体験を相手に

伝える時、ただ単に delicious とか good と

言い放つだけでなく、どのように美味しかったのか、

なぜ美味しかったのか…を、あなたのオリジナル

の表現で付け加えてみるのです。

 

これはどんな会話にも言えます。特に日本人は

控え目な性格の人が多いので、あまり主張し過ぎる

のは失礼なのではないか?と考える人がいます。

 

それは本当に間違った思い込みで、英語では

主張すればするほど会話が盛り上がるのです。

もちろん、相手と意見が対立することもあるでしょう。

時には言い合いのようになるかも知れません。

 

しかし、だからこそ会話は面白いのです。

ただ単に、決まりきったフレーズを口に出して

いるだけでは、それは「ロボットの会話」に

過ぎません。

 

ぜひ、あなたが英語を話す時には、あなたの

主観的意見、感情といった部分を+αする癖を

つけて下さい。もしあなたが、自分の英語表現が

どことなく味気なく感じられるのであれば、

あなたに必要なのは「ハート」の部分…という

ことです^^

 

 

追伸:

そんな英会話の「ハート」の部分を

表現できるようにはどうすれば良いか?

この講座に参加して、どんどんあなたの

オリジナル表現を書いてみて下さい!

 

書いて頂いたオリジナルの表現は、

渡邉が丁寧に添削して直接アドバイス

致します。これで英語力が伸びないわけが

ありません^^

 

残り6名。明日か明後日には、

特別募集をすべて締め切らせて頂きますので、

この機会をお見逃しなく!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/kantan_speaking_sp15/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年3月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ