リスニングは素直に、勘繰らないことが重要です

 

ちょっと前に、リスニングのコツを

このメルマガでご紹介したところ、

多くの読者から反響を頂きました。

 

そのコツとは、英語の音声を聴く時に

「耳に残った語句や表現」のみに着目する…

というものです。もっと言えば、耳に

残らない(聴き取れない)語句や表現は

無視しても良い…ということです。

 

なぜ、「耳に残った語句や表現」だけに

着目するのかと言うと、そのような語句や

表現というのは、いわゆる Keywords と

言えるものだからです。

 

日本語でもそうですが、人が何かを

言葉で伝えたい時、何を一番強調する

でしょうか?当然、その人が相手に

一番伝えたい重要な情報ですね。

 

そして、そのような強調された語句や

表現というのは、当たり前ですが、

最も聴き取りやすく、最も耳に残りやすい

のです。

 

なぜなら、そのような強調語句や表現は

比較的ゆっくり、大きな声で発話される

からです。わざわざ一番伝えたいことを

聞き取りにくく発話するはずがありません^^

 

一方で、日本人が英語音声を聴き取ると、

どうしても聴き取れない箇所というのが

あることに気づきます。これは通訳者で

あっても聴き取れない語句や表現がある

のです。

 

しかし、先ほどの法則から考えてみれば、

聴き取れない語句や表現というのは、

そもそも「重要な情報ではない」から、

殊更に強調されず、むしろ弱く発話されたり

して、結果的に聴き取り辛くなっているわけ

です。

 

そんな、言ってみれば「どうでも良い

語句・表現」は、最初から無視しても、

英語音声の全体(大意)を把握する上では

まったく問題がないということですね。

 

それなのに、日本人は自分が「聴き取れない

語句・表現」が気になって、気になって

仕方がありません。何か、そこに大切な

情報が隠されているのではないか?と、

妙に勘繰ってしまうわけです。

 

さらに、自分だけが意地悪をされていて、

その部分が聴き取れないのではないか?と

深刻に悩む人までいるほどです^^;

 

もちろん、そこに重要な情報がある場合も

あります。しかし、ほとんどのケースで、

重要な語句・表現というのは強調されて、

より聴き取りやすく発話されることが多いので、

聴き取れない部分にあまり固執する必要は

ないのです。

 

中には、半ば心を病む程に聴き取れない

部分に固執されてしまう方がいるので

(特に真面目な日本人は…)、この話は

結構重要です。

 

これが、私が常々言っている、

「聴き取れないこと」ではなく、

「聴き取れたこと」に着目すべき!

…ということなんです。精神衛生上も、

後者の方が絶対にいいんですよ^^

 

 

追伸:

そういえば、この動画に登録すると

第3話目にリスニングの上達法を教えて

もらえるのですが、たった20~30分の

授業でもリスニング力の向上を実感されて

いる方が多いようですよ。無料なので、

締め切り前に絶対に視聴しておいた方が

いいです^^

↓↓↓
http://bit.ly/loftypub_recommend

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年3月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ