耳に残ったキーワードだけで推測してみるのがコツ!

最近、英語の聴き取りに関する

ご質問のメールをよく頂きます。

どうすれば英語を聴き取れるようになるのか、

多くの方が悩まれているのです。

 

しかし、英語を聴き取れるようになった

日本人の端くれとして言わせて頂きますと…

英語のリスニングなんてそんなに難しい

話ではありません。

 

ハッキリ言ってしまえば、皆さんちょっと

難しく考え過ぎなんです。何だかもう、

英語を聴き取ることが天才にしか出来ない

ような「離れ業」だと勘違いされている

ようです。

 

まず、もしあなたが英語を聴き取るのが

本当に難しい!と感じられているようで

あれば、以下の3つの手順だけ確認して

みて下さい。それだけで、随分英語を

聴き取れるようになるはずです。

 

1.英語をすべて聴き取ろうとしないこと!

ディクテーションというトレーニングが

あるからか、英語の音声を一言一句完璧に

聴き取ろうとする癖がついている人が多いです。

 

いつも言っていますが、ディクテーションは

英語音声の中の口語・話し言葉的な語句・

表現を抽出するための作業であり、リスニング力

を直接養うためのものではありません。

 

2.耳に残ったキーワードこそが「鍵」である!

キーワードというぐらいですから、まぁ、

まさにそれが「鍵」というわけですが^^

耳に残るということは、それが重要な語句・

表現であるということです。

 

つまり、まずは耳に残った語句・表現のみから

相手が言っている内容を推測してみて下さい。

一般的な英会話であれば、相手が話す英語のうち

数語のキーワードさえ聴き取れれば、大意を

推測することは難しいことではありません。

 

3.わからなくても決して怯まないこと!

日本人に多いのがメンタリティの弱さです。

相手がペラペラと早口でまくし立てたり、

少しでも分からない単語が出てくると、そこで

心が折れてしまう…。

 

もっと図々しくなって下さい。もっと果敢に、

もっと大胆な姿勢で相手と対峙すれば、必ず

英語は聴き取れるようになります。この強い

メンタリティが最大の秘訣と言っても過言では

ありません。

 

まずは、リスニングのトレーニングの際に

「耳に残ったキーワードのみで内容を推測する」

癖をつけてみましょう。パズルやクイズでも

楽しむように、笑いながらやってみると効果的

です^^

 

英語を聴き取れるようになった日本人は

皆さんそんな感じで、リスニング力を身につけて

いるのです。ネガティブになったり、自分には

無理だ…と思わず、前向きに、笑いながら

練習あるのみです。ガンバって下さい!^^

 

 

追伸:

しかし、この加藤先生の授業は面白いです

よねー^^ こういう感じで英語は身につけると

いいのだと思いますよ、ホントに。

↓↓↓
http://bit.ly/loftypub_recommend

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年3月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ