英語で悩んでいるだけではダメ、具体的な対策を考えよう

単語がなかなか覚えられない…

文法がサッパリわからない…

思うように英語を話せない、聴き取れない…等々

英語の悩みは人それぞれですが、

そんな悩みを解決出来る人と出来ない人の

たった一つの違いとは何だと思いますか?

 

それは「具体的な解決策(対策)」を 早々に

しっかりと立てられるかどうか…という点です。

 

多くの英語学習者が、「英語を話せない、

聴き取れない、一体どうすればいいんだろう…」

と悩み続けている一方で、早々にそんな悩みを

打破し、気持ち良く英語力を身につけてしまう

人たちがいます。

 

そんな人たちは、一般的な英語学習者が

ウジウジと悩み、意気消沈しているのを尻目に

「話せない・聴き取れないのは分かった。

では、一体どうすれば英語を話せるように、

聴き取れるようになるのだろう?」と、

より【具体的な】解決策・対策を立てることに

注力します。

 

つまり、どうしよう…なんで?どうして?と

鬱々としている間に、どうすれば現状を打破

出来るのか、英語の悩みを解消できるのか、

その「方法」を見つけ出そうと、すぐに動き

出すのです。

 

一方で、なかなか英語の悩みを解決出来ない

人は、いつまでも具体的な解決法を考えよう

とはしません。それよりは自分の不運を呪ったり、

教材やインストラクターが悪いと、他人のせいに

したりするのです。

 

そうではなく、現状をしっかりと見つめ、

自分の立ち位置、そして英語の学習の方向性を

再確認し、やり方が間違っているのであれば

速やかにそれを修正し、具体的な対策を立てる…

それが出来れば、あなたの英語の悩みは一瞬で

解決するはずです^^

 

一人でクヨクヨと英語のことで悩んだり、

不安になったりしているのであれば、その

時間や労力を「具体的な解決策(対策)」を

立てる時間に充てた方が良いです。

引き続き、今週も頑張りましょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ