せっかく英語を勉強するならワクワクしながらやろう!

 

最近はちょっと英語の学習の具体的な

ノウハウをお送りする機会が多かった為か、

ちょっと深刻な英語の悩み相談とか、

勉強の方法の質問を多く頂いています。

 

で、いつも思うのが、

なぜそんなに「辛く」「大変な」英語の

勉強を続けられているのかなぁ…ということです^^

なんかもう、本当に修行(苦行?)のような

勉強をされている方が多いように感じます。

 

しかし一方で英語を話せるようになった人とか、

聴き取れるようになった人、あるいはTOEICで

スコアアップを達成できた人というのは

概して「明るい」んですよね^^ ノリが軽い

というか…。

 

そりゃ、英語が話せるようになれば明るくも

なるだろう!…と思われた方、、、違うんです。

彼らは、英語が話せるようになる前から、

やけに明るいんですよ^^ 前向きなんです。

 

例えば、私に送って下さるメールなんかも、

やたら「楽しいオーラ」が出まくってます。

もう本当に英語の勉強が楽しくって、ワクワク

してま~す!という感じなんですよね。

 

確かに英語の勉強というものは、

文法を学んだり、単語を覚えたり、または

英文を読んだり、聴き取ったり…という、

ちょっと大変な作業が必要です。そして、

それを修行のように感じられている人も

いるでしょう。

 

しかし、何というか…

こういうのも「心の持ち方次第」であって、

大変なことでもゲーム感覚で攻略出来る人は、

やはり英語の習得も「楽しみながら」行える

んですよね。

 

例えば、英会話で色々な表現を自分で作って

覚え、それを外国人に投げかけてみる…。

ある意味、それは「楽しい実験」なわけです。

通じるか、通じないかわかりませんし、

通じれば嬉しいですが、通じなければ落ち込む

かも知れません。

 

ただ、英語をワクワクしながら、楽しみながら

身につけることが出来る人というのは、

そんな実験を心から楽しむことが出来るのです。

間違えたり、通じなかったりしても、それを

「苦」とは感じないのです。

 

一方で、英語の習得を「苦行」のように捉えて

いる人は、常に眉間に皺をよせ「どうせ通じない

に決まってる」「どうせ聴き取れないに決まってる」

と、まるでこの世のすべての不幸を自分が背負って

しまっているかのような、陰鬱な顔をして英語の

勉強を続けられているのです^^;

 

それでは身につく英語も身につきません。

英語はもっと楽しく、ワクワクしながら、

習得していくものです。TOEIC の問題集一つ

取っても、それを「辛い勉強」と捉えるか、

「楽しいクイズ・ゲーム」と捉えるかで結果が

ずい分変わってきますよ。

 

どうか、ぜひそんな観点で、英語を楽しく、

面白く、愉快に、ワクワクしながら学び続けて

下さい。必ず英語力が身につくはずです^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ