発表!春の新講座はこんな「おもしろプログラム」です^^

 

こんばんは、渡邉です!

今週も元気良く始まりました~^^

朝夜はまだまだ寒いですが、

日中はそれでも少し暖かくなって

きたのかな?なんて淡い期待を…(笑)

 

でも季節は確実に春に向かっている

わけで…、そう考えるだけで

何だかワクワクしてきます^^

早く暖かい季節が来ればいいですね!

 

さて、本当は日中に号外をお送り

したかったのですが、何だかんだで

忙しく、結局いつものメルマガ配信の

時間になってしまいました^^;

今日は、先週お約束した大ニュースが

あります!

 

…はい、この春、新しく開講となる

期待の新講座のご案内ですね^^

もう、先週末から「どんな講座に

なるんですか?」という問い合わせの

メールをたくさん頂いておりまして…。

心より感謝、感謝、感謝です m(_ _)m

 

内容については先週も少しお話しましたが、

今回は私の初の試みとなる「リーディング」

と「リスニング」といったインプット系の

専門講座です。

 

専門講座と言うと何だか難しそうですが、

そんなことはまったくなく、ただただ

英語を読むこと、聴き取ることの「楽しさ」

を追及する、最高の「おもしろ英語講座」と

言えます^^

 

何と言っても、その名が…

「読もう!聴こう!英語のインプットおもしろ実践会」

…というもの。絶対面白そうでしょう?(笑)

なぜ「おもしろ実践会」なのか?

その理由については、以下のご紹介ページを

じっくり読んで頂ければと思いますが…

↓↓↓
http://www.loftypub.com/input_reading_listening/

 

今回特筆すべき点は…「英語を読むこと、

聴き取ることの楽しさ、面白さを参加者

全員に知って頂く!」ということです。

 

現在、世界中のウェブサイトの

実に56%が【英語】で書かれています。

日本語のサイトなんて僅か 5% しか無いん

ですよ。ご存知でしたか?

 

そんな英語のサイトには、先週ご紹介した

ような TED とか、BBC、VOA他、さまざまな

キュレーションサイトやニュースサイト、

ブログ、動画配信サービス、お笑いサイト等々

興味深く面白いコンテンツを提供している

サイトが含まれています。

 

私としては、今日本で英語を勉強されている

全ての方々に、こんな海外のウェブサイトを

もっと積極的に読んだり、聴き取ったりして

情報を得て、楽しんで頂きたいと思うのです。

 

なぜなら、世界中のウェブサイトには、

まだまだ日本人が知らないたくさんの情報、

ノウハウ、知恵がこれでもか!というほど

大量にあるから、です。

 

英語力を身につけたり、TOEIC(R)テストで

スコアアップしたり…といった目標があり、

その目標を達成するために英語のリーディング

やリスニングといったインプット系の練習を

している人はたくさんいますが、その多くが

大抵途中で挫折してしまいます。

 

その最大の理由は、英語のリーディングや

リスニングのトレーニングが退屈でつまらない

ものになってしまっているから…ですね。

しかし、本当は英語を読んだり、聴き取ったり

することは、とても楽しいことです。

 

それはただ単に英語の勉強というだけでなく、

純粋に新しいことを知ったり、未知の世界を

覗くことが出来たり…という知的好奇心を

くすぐられる体験そのものだからです。

 

上述の通り、全世界のウェブサイトの実に

56%が英語で書かれているコンテンツです。

これらのコンテンツの中には、私たち日本人が

知らないような情報、ノウハウ、ヒントが

まだまだ一杯隠されているのです。

 

そんな世界中の人々の叡智を、英語を読んだり

聴き取ったりすることで、どんどん知り、

頭に吸収していくことが出来る…。

 

それが、英語のインプットの楽しさ、喜びです^^

そんな素晴らしい英語の「読み」「聴き取り」を

完全にサポートする新講座が、今回ご案内する

「読もう!聴こう!英語のインプットおもしろ実践会」

というわけです!

 

まぁ、そんな能書きはこのくらいにして、

もし良ければ新講座の案内ページをチラッと

覗いてみて下さい^^ 先週ご紹介した、インプット

トレーニングに最適な海外サイトなども

わかりやすくまとめておきましたので、是非。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/input_reading_listening/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ