英語のインプット練習で重要な3つのバランスとは?

 

さて、今日は昨日のお話の続きで、

英語の「インプット」の仕方について

具体的なお話をしたいと思います。

 

まず、簡単に昨日のお話のおさらいですが、

英語力を身につける上では、何よりも先に

【インプット】を行う必要がある…と

お話ししました。

 

これはつまり、食事と一緒で、何かを

食べなければ出るものも出ないよ…という

ことです^^ いえ、出るものというのは

「元気」のことですよ。ご飯をたくさん

食べれば、元気もモリモリ出ますね!^^

 

で、もしあなたが英会話で自由に英語を

話したり、自信をもって聴き取ったり、

或いは TOEIC(R)テストでしっかりと点数を

取りたい!と思われているのであれば、

まずは「元となる英語」を頭の中に入れ

なければいけない…ということを理解して

下さい。

 

そこで今日はそんな英語の「インプット」の

仕方について説明しますが、実はそんな難しい

話ではありません。ハッキリ言ってしまえば、

毎日英語を「読む」「聴き取る」習慣を単純に

身につけて下さい…ということです。

 

もちろん、今既に英語の「読み」や「聴き」

ならやっているよ!という人も多いでしょう。

しかし肝心なことは、インプットの「質」と

「量」、そして 「方法」のバランスです。

 

例えば、毎日「多読トレーニング」を実践

していますよ!と言われる方も多いですが、

1週間に数千語~数万語の英語を読んでいても、

未だに英語を満足に話したり、聴き取ったり

出来ない…というのであれば、あなたの英語の

インプットの方法や質に問題があると考えた方が

良いかも知れません。

 

つまり「量」だけこなせば良いというものでは

ないのです。「方法」や「質」も重要という

ことです。そして、それらのバランスが取れれば、

無理に何千、何万語と読む必要はありません。

 

これはリスニングにも言えることです。

リスニングもインプット系のトレーニングとして

重要なものですが、同様に何でもかんでも

耳に入れればいい…というものではありません。

 

これもリーディング同様に「方法」「質」「量」

のバランスが取れてはじめて最適化されます。

これまでずーっとリスニングの練習をしている

のに、半年続けても聴き取れるようにならない…

というのであれば、高い確率でインプットの

やり方に問題があると考えた方が良いでしょう。

 

特に、あなた自身の英語の方向性と関係のない

英文や英語音声をただ何となく、ダラダラと

読んだり聴き取ったりしているのであれば、

この機会に一度見直してみるのも良いでしょう。

 

明日は、あなたのインプット・トレーニング

に最適な英文や英語音声を手に入れることが

出来る英語圏のサイトをいくつかご紹介したいと

思います。どうぞお楽しみに!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ