今週は英語習得の「基本」を再確認してみませんか?

このところ、メルマガの読者さんから

英語の勉強方法に関する質問をよく

頂きます。

 

その多くが、長い間英語の勉強を続けて

いるけれども、なかなか思ったような

結果を出せていない(=話せないし、

聴き取れない…)というものです。

 

で、一体どんな英語の勉強をしているのか

詳しく尋ねてみると、何ともメチャクチャ

というか^^;

 

とりあえず何でもいいからやってみるか!

という感じで手当たり次第に単語を覚えたり、

発音の練習をしたりしているようなのです。

 

もちろん、単語を覚えたり、発音の練習を

することが間違っていると言っているのでは

ありません。そうではなく、英語の習得には

基本のやり方、順序があるということです。

 

これは英会話であっても、TOEIC(R)テストの

対策であっても同じです。これらの対策の

方向性は違うけれども、英語習得の基本は

変わらないのです。

 

というわけで、まずは英語習得の一番の

基本は何か?ということからお話ししたい

と思います。これは非常に重要なお話ですので、

ぜひよく理解して下さいね^^

 

英語習得の一番の基本は…

【インプット】→【アウトプット】

という流れを理解するということです。

 

いいですか、これは本当に重要なことなので、

繰り返しますが、英語習得の基本は、

【インプット】→【アウトプット】

という流れを理解することにあります。

 

インプットというのは、要するに

頭の中に「英語の情報を入れること」、

そしてアウトプットというのは、

頭の中から「英語の情報を出すこと」

です。

 

簡単に言ってしまえば、リーディング

(読み)やリスニング(聴き取り)というのが

英語の【インプット】、そしてライティング

(書き)やスピーキング(話し)というのが、

英語の【アウトプット】ですね。

 

これは英語習得に限った話ではなく、

例えば私たち人間が生きる上でも

【インプット】→【アウトプット】の

流れは重要なことと言えます。

 

例えば…

人は物を食べてエネルギーを得て(インプット)、

力を出したり、排泄したりします(アウトプット)。

ちょっと汚い話ですが、そもそも何も

食べなければ出るものも出ないということです^^;

 

これは英語もまったく同じです。

何もインプットしなければ、何も口から

出てくるはずがありません。至極当然の

話ですね。

 

しかし、日本人英語学習者の多くは、

どういうわけかインプットをしないのに、

「いつまで経っても英語を話せるように

ならない…」と悩んでいるんです。

 

それは、ご飯を食べて栄養を摂取せずに

力が出ない…と言っているのと同じこと。

入れなきゃ出ないんです、何事も^^

 

じゃ、一体どんなものを入れればいいのか?

どんな「インプット」をすればいいのか?

という話になりますね。

 

それについては明日の夕方のメルマガで、

あなたが英語を話せるようになる為に、または

TOEIC(R)テストでスコアアップする為に、

一体どんな英語の「インプット」をすれば良いのか、

それについて詳しくお話ししたいと思います^^

どうぞお楽しみに!

 

 

追伸:

近所のスーパーで売ってる

石焼き芋がメチャクチャ美味いんです。

ただ焼いただけなのに、既に

スイートポテトみたいなの^^

こんなの食べてたらホントに太りますよ…。

頼むから、こんなの買ってこないでー>カミさん

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ