リスニング「音単位」の違いって知ってましたか?

久しぶりに読者の方からリスニングに関する質問を頂きました。

英会話においてスピーキングは何とか出来ても、リスニングとなると
どうしても相手が言っていることが分からず、色々な教材を試しても
一向に上達しない。一体どうすれば効果的にリスニング力をつけることが
出来るでしょうか?という質問です。
実は、この手の質問は本当に多いです。

スピーキングは小手先の裏技で何とかなるんですけれどね。

どうしてもリスニングは難しい。
まず、リスニングが出来ない場合は以下の二つが考えられます:

1.単純にボキャブラリー不足(単語の意味がわからない)

2.単語の意味は知っていても、英語の音を聴き取ることが出来ない
単純にボキャブラリー不足の場合の対処法は簡単ですね(^^)
一般的な日常英会話に頻出する基本的な単語であれば、一通り覚えておく。

覚えておくと言っても、そんなにビビることはありません。

受験英語のように難しい単語まで覚えておく必要はまったくありませんから。

これはよく言われるように、ネイティブの英会話でもそのほとんどが
中学英語で習うような基本単語で構成されています。その中でいくつかが
スラングや流行言葉のように特殊な使われ方をしているので、難しく
聞こえてしまうだけです。

まずは中学英語レベルの基本単語だけ押さえましょう。それからちょっと
したスラング、流行言葉、慣用的言い回しを覚えるだけでリスニング力は
グッと向上します。
2の「英語の音自体を聴き取ることが出来ない」というのは、実は少し
難しい問題です。

なぜ、リスニングにおいて「英語の音自体を聴き取ることが出来ない」
のでしょうか?

実は、英会話においては書き言葉とはまったく異なる、いわば話し言葉用
の別のボキャブラリーが存在しているのです。

つまり、文章を読むように英会話を頭の中で理解しようとしても、そんな
ことはもともと不可能なんですね。

少し、ビックリでしょう?(^^;

これは日本語でもそうなのですが、会話において言葉というのは容赦なく
短縮、省略される傾向にあります。

英語においても、会話での言葉(話し言葉)では短縮・省略の連続です。

例えば日本語で「そんじゃ、そーゆーことだから言っといてよ」という
言い方がありますが、これはいわゆる会話用の「話し言葉」ですね。

これを正しい書き言葉になおすと、
「それでは、そういうことだから言っておいてよ」
という文になります。

ここで、「それでは」は「そんじゃ」、「そういう」が「そーゆー」、
「言っておいて」が「言っといて」にそれぞれ省略されています。

これらはまだ大した省略ではありませんが、英語においてはもっと顕著な
省略が起きます。

例えば「Not at all」という言葉。

バラバラに発音すればノット、アット、オールですね。

しかし、正確な発音は「ネラロー」という感じになります。

ノット、アット、オールが「ネラロー」です(^^;
この場合、「ネラロー」がNot at allであると知らなければ、いくら
それぞれの単語を知っていても聴き取ることは出来ません。

「Not」も「at」も「all」もメチャクチャ簡単な単語ですけれどね。
こういうのがたくさんあるため、なかなか英語を聴き取ることが難しく
なるわけです。

もし英語を聴いていてどうしても「わからない」という箇所があれば、
一体どのような単語どうしがくっついて特別な「音」になっているか、
よく調べてみて下さい。

そのうち、英語の話し言葉には「音単位のまとまり」があることに気付く
はずです。これがわかるようになれば、リスニングもかなり楽になります。

詳しくは英会話マニュアル教本で紹介していますので、関心のある方は
どうぞお読み下さい。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ