英語の「音」に慣れるには洋楽がイチバンです!

英語のリスニング力を身につける上では、

トレーニングを「二段階」に分けることが

重要です。

 

一つは、英語の「音」だけを聴き取る段階。

そしてもう一つは英語の「意味」を理解する

段階です。

 

多くの人が、英語の「音」を聴き取る段階

をしっかりと練習せずに、いきなり「意味」

ばかり追ってしまうので、なかなか

リスニング力を上達させることが出来ません。

 

ただ、この英語の「音」を捉える練習という

のは意外と難しいものです。耳に入って来た

英語を、そのまま素直に「音」として捉える

ことが出来ればいいのですが、多くの人は

それを「言葉」として捉えてしまうのです。

 

そこで、もしあなたが英語の「音」だけを

純粋に聴き取れるようになりたいと思われて

いらっしゃるのであれば、洋楽を聴くことを

お勧めします。

 

洋楽はまさに「音楽」ですから、言葉で

あっても「音」の一部として捉えやすいと

言えます。つまり、ボーカルの歌声も

楽器の一つとして捉えるというわけです。

 

特に洋楽を聴くと、英語独特のリズム感を

養うことも出来ます。日本語と違い、英語には

独特のリズムがあります。これを理解する上で

音楽は非常に都合が良いのです。

 

少しでも音楽をかじったことがある方なら

音符の音の長さの違いが分かるでしょう。

四分音符とか八分音符とか、いわゆる

オタマジャクシの話です^^

 

面白いことに、日常会話の英語であっても、

このような音符でリズムを表せるほど

英語というのは音楽と密接な言語であると

言えます。

 

アメリカやイギリスという英語圏で

ジャズやロックが生まれ、発展したという

のも、まさにそういうことなのです。

 

お勧めとしては、あなたが気に入った

洋楽を、完全に「音」として聴くという

練習です。その時に歌詞のスペルとか

意味を考える必要はありません。

 

まるでボーカルもギターやキーボード、

或いはベースの一部として、メロディ

で聴くということです。すると、英語の

音の特徴がよく分かるようになります。

 

少し慣れてきたら、歌詞を見ずに

音だけ真似して歌ってみましょう。

なるべくボーカルの歌い方に似せて、

聞こえるままに発音します。

 

例えば、映画 Frozen で有名になった

例の Let It Go という曲がありましたが、

あれも皆「レリゴー!レリゴー」と

叫んでいましたね。

 

本来日本語的に発音すると「レット・

イット・ゴー」になるわけですが、

これを聞こえたままに発音すると

「レリゴー」となり、それが英語として

ベストの発音になるというわけです。

 

その要領で、色々な洋楽にチャレンジして

みて下さいね^^ 必ずリスニング力と

発音が上達しますから!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ