タダで出来るリーディングの勉強法

今日はリーディングのお話。

日本人の場合、わりと多くの人が「英語を読むことなら出来る」って
言いますよね。

確かに、日本の学校では読み書きという、いわゆる「書き言葉」の
インプット・アウトプットに力を入れる教育がされていますので、英語を
読むことなら出来るという人は実際多いんです。

最近の風潮では、そのような「書き言葉」に偏重した英語教育が見直され
つつあり、例えば中学校などで最初に英語を教える際にアルファベットの
読み書きから始めるのではなく、いきなり「音声」から入る学校が増えて
いるらしいです。

まあ、確かに私たちが日本語を覚える時も、マンマとかママとかパパとか、
まずは音から入りますからね。まさかアイウエオの書き方から覚え始める
赤ちゃん(幼児)なんていませんよね(^^;

…ちょっと話が脱線してしまいました。
さて、そのように英語を読むことは得意だよっていう日本人は多いのですが
実用レベルのリーディング力があるかどうかと言えば、少しアヤシイという
人が多いのではないでしょうか。

リーディング力をアップさせるのには、実は時間がかかります。

こればかりは数日間、集中的にトレーニングしてもなかなか思うように
力が伸びたことを実感することが出来ません。

まず、実用に耐えうるボキャブラリーの構築が必須となります。

それも試験前の英単語暗記のようにしてもあまり意味がありません。
では、効果的にリーディングの力をアップするにはどうしたら良いか。
リーディング用の教科書のような退屈な長文をひたすら読む?

答えはノーです。

英語の勉強というものは少しでも「退屈」と感じたらもうダメ。

すぐに三日坊主になります(^^;
そこで…

いつも私がお勧めしているのは海外のインターネットサイトの閲覧です。

実際、全世界で閲覧できるウェブサイトの大半は英語で書かれたもの
なんですね。日本語のページなんて数パーセントに過ぎません。

英語のサイトには、あなたがまだ知らないたくさんの情報が埋まって
います。それこそ宝の山のようなもの。

例えば趣味がアロマテラピーであれば、それに関する海外のページを
片っ端から読んでみましょう。自動車が好きなら、自動車に関する英語の
ページを検索してみます(検索はアメリカのYahoo!やGoogleを使うと
便利です)。

このように、自分が興味・関心を持てる分野の英語サイトを閲覧する
ことで、半分趣味の延長で「楽しみながら」リーディングの力をつける
ことが出来るようになります。どうぞお試しあれ!
 

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ