英語上達の鍵はメンタル強化にあり!その極意とは?

英語がどうしても話せない、聴き取れない…

と悩んでいる英語学習者は多いわけですが、

その原因の大半はあなたの「心の弱さ」に

あることをご存知ですか?

 

 

心や精神、つまりメンタルの話は、

時に軽視されがちです。英語学習においても

「精神論はいいから、具体的なノウハウを!」

と希望される方は多く、心の問題は常に

後回しにされる傾向があります。

 

 

しかし、どんなに強力なノウハウを知った

ところで、あなたの精神力が十分に強く

なければ英語は絶対に話せるようになりませんし、

聴き取れるようにもならないのです。

 

 

例えば、英語を話そうとする時に外国人を

目の前にすると必要以上に緊張したり、

アガってしまったりという人は総じて

メンタルが弱いと言えます。

 

 

また、英語を聴き取る時に少しでも理解

出来なかったり、わからない単語等があったり

すると、もうそれだけで頭が真っ白になったり

パニックになってしまったりする人も

メンタルが弱いと言えますね。

 

 

そして、往々にしてメンタルの弱い人は

英語力をなかなか向上させることが出来ません。

なぜなら、原因はメンタルの強化にあるのに、

知識の習得やトレーニングばかりに目を向けて

しまうからです。

 

 

本当は、メンタルを強化することさえ出来れば

既に十分に英語を話し、聴き取ることが出来る

知識・スキルを有しているのにも関わらず…です。

 

 

では、一体どうすればあなたのメンタルを

強化することが出来るのでしょうか?実は、

その極意はとてもシンプルで単純です。

 

 

それは…「肩透かし」という技を使うこと。

肩透かしというのは、相撲の決まり手の一つ

でもありますが、要するに相手からの攻撃を

真に受けず、うまくそらすことですね。

 

 

メンタルが弱い人というのは、ストレスを

真に受けてしまう傾向があります。英語で言えば、

「うわ~話せない!」「うわ~聴き取れない!」

というピンチ状態(ストレス)を真に受けてしまう…

ということです。

 

 

特に日本人は真面目な方が多いので、

ストレス、フラストレーションをため込んで

しまう人がとても多いようです。しかし、

ストレスもフラストレーションも溜めて

良いことなど一つもありません。

 

 

一方、メンタルが強い人というのは

上手い具合にストレスやフラストレーションを

回避します。具体的に言えば、英語でうまく

言えないことや聴き取れないことがあっても、

そこであまり気にしないということです。

 

 

なぜなら「話せないこと」「聴き取れないこと」

を真に受け続けると、心が折れるからですね^^

メンタルの弱い人は、そのようなストレスを

全て真に受けてしまうから心が折れやすい

というわけです。

 

 

したがって、もしあなたがメンタルを強化

したければ、メンタルを強くするという

考え方ではなく、いかにストレスを回避するか

(肩透かしすることが出来るか)、

真に受けないようにするか…という点に

着目してみて下さい。

 

 

これは英語だけでなく、普段の生活における

ストレスやフラストレーションの回避にも

役立つ重要な秘訣なんですよ^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ