英語は「開き直る」と聴き取れ、話せるようになる

「開き直る」って、どういう意味でしょう?

オンラインの辞書によれば「態度を改め、

まじめに応対する。また、観念して

ふてぶてしい態度に出る。居直る。」と

あります(goo辞書より)。

 

 

要するに、自分がどうにもならないと感じたり、

行き詰ったりした時には、思い切って

態度を180度変えてみる…ということですね。

逆ギレとも言いますが^^;

 

 

英語を話したり、聴き取ったりすることが

苦手な日本人にとって、英会話というのは

一つのピンチというか、修羅場に感じられる

ことも多いでしょう。

 

 

ペラペラ~ッ!とネイティブ・スピーカー

たちにまくし立てられたり、こちらから

何か英語で言いたくてもなかなか口から

言葉が出てこない…なんて時はまさに

「背水の陣」、どうにもならない状況と

言えるわけです。

 

 

ただ、そんな時には思い切って「開き直る」

と良いんです。いつまでも、カッコつけたり、

恥ずかしい思いをしたくない…なんて思って

いると、ピンチが更にピンチを呼びます。

まさに苦境に身を置くことになるのです。

 

 

では、どうやって「開き直る」のか?

最も効果的なのは、自分が日本人であり、

英語を話したり聴き取ったりすることが

出来ないのは当然である!と思い込むこと

です。

 

 

なまじ英語を話せたり、聴き取ったり

出来ると、妙なプライドが出てくることが

あります。しかし、そんなプライドは

かなぐり捨てて「俺は日本人だもん!

英語が分からなくて当然だもん!」

「私は日本人だから、英語が話せなくて

当たり前!」のように開き直るわけです。

 

 

すると、本当に不思議なのですが、

心に余裕が出来るからか、ほとんどの場合

その後の英語のやり取りがスムーズになり

ます。それまでの切羽詰まった感じの会話が

気持ちにゆとりをもって、穏やかに進む

ようになるのです。

 

 

これは TOEIC(R)テストなどのリスニングでも

言えることです。一所懸命勉強したんだから、

絶対に聴き取らなきゃ!聴き取れて当然!

のように思っていると、どうしても心に余裕が

なくなります。すると、聴き取れるものまで

聴き取れなくなってしまうのです。

 

 

しかし、一たび「聴き取れなくっていいや。

だってオイラは日本人だもん!」のように

開き直りの姿勢になってみると…アラ不思議、

それまで緊張して聴き取れなかった英語が

やけにクリアに、スローに聴き取れるように

なるものです。

 

 

この「開き直り」の手法は、英語だけでなく

日常生活のあらゆるストレスを回避する手段

として効果があることが分かっています。

絶体絶命のピンチを感じたら、合言葉は

「どうでもいいや!」です^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ