なぜポジティブな人は英語を話せるようになるのか?

 

この世で起きることは「良いこと」が多い

でしょうか?それとも「悪いこと」が多い

でしょうか?

 

 

おそらく、ほとんどの方が「悪いこと」が

多いと答えるでしょう。しかし、「良い」

「悪い」というのは人の捉え方次第で

どちらにも変わるので、一概にどちらが多い

とは言えないのです。

 

 

一般的に、同じ事象を「良いこと」と捉える

傾向が高い人はポジティブな性格、

「悪いこと」と捉える傾向が高い人は

ネガティブな性格と言われます。

 

 

コップに半分だけ水が入っていて、

それを「まだ半分もある」と肯定的に捉える

人と、「もう半分しかない」と否定的に捉える

人の違いですね^^

 

 

どんなことでもそうですが、物事を肯定的に

捉えることが出来る人は成功を掴みやすい

です。なぜなら、ポジティブな人は何でも

「大丈夫!」と思うので、その分チャンスを

得やすいからです。

 

 

一方で、ネガティブな人、つまり何でも

否定的に捉え、常に他人の批判をしたり、

或いは自分自身さえ卑下したりするような

人は、まず成功しません。

 

 

なぜなら、自らチャンスを逃してしまうことが

多いからです。いつでも「どうせダメだ」

「無理だ」「出来ないに決まっている」と

思い込んでいるので、挑戦が出来ないのです。

 

 

私の周りで英語を話せるようになった人は

皆「超」がつくぐらい「ポジティブ」です。

失敗なんて気にしないですし、いつでも

「大丈夫!」「出来る!」「楽しい!」

「ワクワクする!」という考え方でいます^^

 

 

すると、どんどんチャンスがやって来ます。

更に、チャンスがやって来てすぐに挑戦する

ことが出来るので成功する確率がドンドン

高くなるということですね。

 

 

もちろん、そんなポジティブな人にも

不幸は訪れます。厭なことだってあります。

しかし、そんなことをいちいち気にしない

のです。

 

 

この大胆な考え方、器の大きさ、何とかなるさ!

という大らかな姿勢が、成功の鍵と言えます。

今年、もしあなたが本気で英語力を身につけ

たい!と思われているのであれば、ぜひそんな

ポジティブ派で行きましょう~^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ