年初め、英語学習の方向性だけ決めてしまいましょう

 

毎年、この時期によく耳にするのが

「今年一年の計画を立てましょう」といった

アドバイスですね。

 

 

確かに、一年の計は元旦にありと

言われるように、年初にその年の目標や

計画を立てることはとても大切なことです。

 

 

また、目標というのは出来るだけ具体的に、

明確にしておくことが望ましいわけですが、

なかなか年初めに全てを完璧に明確にして

綿密な計画を立てるのは難しいものです。

 

 

そんな時は、とりあえず「英語学習の

方向性」だけ決めておくと良いでしょう。

細かい実践内容や計画は追々決めていけば

良いのです。

 

 

一般に、日本人の英語学習の方向性というのは、

大きく二つに分けることが出来ます。それは…

1.英語で会話が出来るようになること

2.英語の資格試験で目標を達成すること

…の二つです。

 

 

もっと簡単に言えば「英会話出来るようになる

こと」と「TOEICや英検といった英語の試験を

攻略すること」という二つですね。

 

 

これら二つは、似て非なるものですので、

同時に対策を講じることは出来ません。

英会話を上達させるには受験英語的なものと

正反対のアプローチが必要となりますし、

TOEIC攻略には受験英語的知識が不可欠です。

 

 

多くの英語学習者は、これらの方向性の

違いについてあまりよく理解していません。

英会話も、TOEIC攻略も同じ次元で捉えようと

してしまうのです。

 

 

もしあなたが、今年の英語学習の目標を

まだ立てていない…というのであれば、

まずはそのような「英語学習の方向性」

だけでも決めてしまうと良いです。

 

 

英会話を上達させたいのであれば、

英会話上達向けのアプローチを、

TOEIC 等の試験の対策をしたいのであれば、

試験対策向けのアプローチを取るという

ことですね。

 

 

そして、これらの方向性については

言ってみれば180度異なるものですので、

どちらも同じように扱うことは出来ません。

 

 

「いいや、オイラはどっちも目標に設定

したいんだい!」と言われる欲張りな方も

いらっしゃるかも知れませんが^^;

「二兎を追う者は一兎をも得ず」という

言葉もあります。

 

 

先にしっかりと二つの方向性の違いについて

認識しておくと、より効率的に英語力を身に

つけることが出来るはずです。

今年も頑張りましょう!^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ