重要!英語は教わるものではなく盗むものです

 

新年早々「盗む」だなんて

ちょっと刺激的なタイトルですが^^;

とても重要なお話なので、新年一発目に

お送りしたいと思います。

 

 

ほとんどの英語学習者は、英語という

ものは、人から「教えてもらうもの」であると

考えているでしょう。中には「教えてもらって

当然!」のように考えている人もいるかも

知れません。

 

 

この「教えてもらう」という言葉自体は

一見謙虚な響きがありますが、実は少し

ばかり横柄な姿勢とも言えます。なぜなら、

「教えてもらう」というのは完全な

「受け身」の姿勢だから、です。

 

 

つまり、自分の方では特に何もせずに、

師匠に手取り足取り、お膳立てをして

もらって、ラクに知識や技を身につける…

という腹黒さが見て取れるわけです^^;

 

 

しかし、人から何かを教わる…

というのであれば、「教えてもらう」

のではなく「学ぶ」、或いはもっと言えば

「盗む」といった能動的な姿勢が大切です。

 

 

実際、私はこれまでにたくさんの

英語学習者を見てきましたが、最終的に

英語力をしっかりと身につけ、英語を

話せるようになる人というのは、常に

「能動的な姿勢」で英語を学んでいます。

 

 

すなわち、人から英語を「教えてもらう」

という受け身の姿勢ではなく、自らが

率先して英語を「学ぶ」、スキルを「盗む」

という姿勢でどんどん英語力を身につけて

いくわけです。

 

 

英語学習者の中には、英語は人から教えて

もらうもの、或いは教えてもらって当然!

のように考えている人がいますが、

そういう人は絶対に伸びないです(てか、

きっと何やってもダメでしょう)。

 

 

これは非常に重要な話なので、何度も

言いますが、もしあなたが英語を話せる

ようになりたいのであれば、誰かに英語を

教えてもらうことを期待してはいけません。

 

 

英語は教わるのではなく「学ぶもの」、

「盗むもの」だから、です。かく言う私も

色々な人から英語の知識、技術を盗みました。

 

 

そうなんです、これは「教えてもらう」

ようなものではなく、あなた自身が人から

「盗み取るもの」なんです。これを理解する

ことが出来れば、あなたは確実に英語を

モノにすることが出来るはずです^^

 

 

追伸:

ということで、今年は是非このメール講座と

オリジナル教本から、英語の「何たるか」を

盗みまくって下さい!盗み所満載ですから(笑)

【今夜終了:あと4時間半】
↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster2015cmp/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ