リスニングの練習なら最新作?それとも古典映画?

よく、映画を使った英語学習のやり方について

ご質問を頂きます。中でも、映画のタイトル選び

で悩まれている方は結構多く、ジャンルはもちろん

のこと、最新作がいいのか、それとも古典でも

いいのか?といったご質問もよく頂きます。

 

 

確かにタイトル選びはとても重要ですので、

なかなか難しく感じられてしまうかも知れません。

基本的なアドバイスとしては「会話シーン」

が多いものを選ぶと、まず間違いないです。

 

 

すると、必然的にラブコメ(ロマコメ)とか、

純粋なコメディ、ドラマ、いいとこサスペンス…

といった感じのジャンルに絞られてくるかと

思います。

 

 

また、最新作がいいのか、古典がいいのか、

ということに関しては、好きなものを選ぶと

良いかと思います。ただ、YouTube等では

古典作や旧作の Trailer がなかなか見つからない

ので、最新作が中心となるかと思います。

 

 

セリフを抽出して覚える…という意味では、

昔の古典作品の方が「カッコいい言葉」が

多いように感じますね。セリフが重く、奥深い

というか、洒落ているのです。

 

 

例えばこんな有名なラインがあります:

■ It should take you exactly four

seconds to cross from here to that door…

I’ll give you two.

「あのドアを出るのにぴったり4秒かかるわ。

2秒あげるから出て行って」

まずはこれ、「ティファニーで朝食を」(1961)

でのオードリー・ヘップバーンの名ゼリフですね。

exactly は「正確に」「ぴったり」という副詞で

会話ではよく使います。

 

 

■ Here’s looking at you kid.

「君の瞳に乾杯」

これも超有名なラインですね^^ 「カサブランカ」

(1942)でのハンフリー・ボガートのキザな台詞。

こんなセリフを使う機会ってのはあるんでしょうか。

look at ~で「~を見つめる」の意。

 

 

そういえば、カサブランカでは以下のような

ラインもあります:

Where were you last night?

「昨夜はどこに?」

That’s so long ago I don’t remember.

「そんな昔のことは覚えていない」

Will I see you tonight?

「今夜は会える?」

I never make plans that far ahead.

「そんな先のことはわからない」

こんなセリフ、言ってみたいですねー^^

 

 

■ Well, nobody’s perfect.

「完璧な人間なんていやしないさ」

おお、これも短いながらグッとくるラインです。

Nobody is perfect. もしあなたが誰かに過ちを

咎められたらこう言ってやりましょう^^

1959年、マリリン・モンロー主演の「お熱いのが

お好き」からジョー・E・ブラウンの決め台詞

でした。

 

 

■ It looks like I’ll spend the rest of

my life dead.

「残りの人生、死んで過ごすような気分だよ」

再びハンフリー・ボガートの名ゼリフ、これは

かなり古い映画、1936年製作の「化石の森」から。

it looks like ~で「~みたいだ」の定番フォーム。

古い映画でも、どんどん語句や表現を学ぶことが

出来ますね。

 

 

■ I can’t think about that right now.

If I do, I’ll go crazy. I’ll think about

that tommorrow.

「今考えると気が狂いそうだわ。明日に望みを

託しましょう」

これも有名ですね。1939年の映画「風と共に去りぬ」

からスカーレット・オハラの名ライン。

right now「今すぐに」

go crazy「(気が)おかしくなる」

think about ~「~について考える」等々、

現代の日常英会話でも普通に使われている

自然な定番語句がたくさん散りばめられて

います。

 

 

このように、古典、旧作、新作問わず、

会話の多い作品を選ぶことが、映画を使った

英語学習を実践する上でのコツと言えます。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

 

追伸:

それでも、何を選んだら良いのかわからない!

という方は是非、今夜で最終締切となる

この「洋画・海外ドラマを使って楽しく~」

シリーズの講座にご参加下さい^^

 

オールインワン式ですので、あなたは毎回届く

講座を楽しみながら続けるだけでOKです^^

ぜひ、来年は周りのライバルに大きく差を

つけて下さい~^^ あと5時間で完全終了です!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/newmovie_drama_ccmp/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ