百聞は一見にしかず、実際に英語を話してみよう!

英語を話せるようになりたいんです…

という日本人はたくさんいますが、

何というか「知識」の部分ばかり肥やして

いる人が大半のような気がします。

 

 

実際、私も英語の勉強法とか英会話の

上達法に関するメルマガやブログで

情報発信している以上、どうしても

「知識(ノウハウ)」的な部分ばかりに

偏ってしまうわけですが…。

 

 

本当に英語を話せるようになりたい!と

思われているのであれば、知識の吸収は

ほどほどにして、あとは思い切って外国人と

英語を話す機会をどんどん増やした方が

良いです。

 

 

もちろん、これもバランスの問題ですから、

何も準備をせずにいきなり外国人と会って

行き当たりばったりに何か話せば良い…

というものではありません。

 

 

しかし実の所、日本人は自分たちが思って

いるほど英語の基礎力が全く無いという

わけではないのです。中学、高校、大学と、

基本的な英語の基礎知識はほとんどの人が

既に学んで身につけています。

 

 

つまり、いつまでも机に向かって知識の

吸収ばかりしていないで、ある程度の準備が

出来たら、あとは思い切って外に出て、

外国人と英語を話す機会を設けるように

した方が効果的ということです。

 

 

体感的には、机に向かって勉強して身につく

英語力が1だとしたら、たった一度でも外国人

と実際に会って英語で話す体験によって身につく

英語力は5倍、10倍に感じられるかも知れません。

それぐらい、実際の英会話の体験は強烈です。

 

 

また、一人で家でブツブツ言いながら

何とかして単語とか語句、フレーズなどを

覚えるわけですが、ほとんどの場合はすぐに

忘れてしまいますね。こんなのは実際に

使わないと右から左へとどんどん忘れてしまう

のです。

 

 

しかし、実際に外国人相手に英語で話すと、

その中で使った英語表現というのは

どういうわけか非常に強固に頭に残ります。

たった一度口にしただけで、その英語表現が

ずっと頭に残っている…なんて、きっと

あなたも経験したことがあるのではない

でしょうか。

 

 

実際に外国人と英会話の機会を設けることは、

人によっては億劫に感じられるかも知れませんが、

延々と机に向かって英語の勉強を一人で続けて

いるよりも遥かにパワフルで強烈な効果を期待

出来るのも事実です。

 

 

普段、あまり英語を話す機会を設けていない…

という方はぜひ積極的に外国人と実際に

「英会話」する機会を作ってみて下さい^^

実際に体験することが何事においても最強

なのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年12月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ