英会話の本質って知っていますか?

今日は英会話のお話です。

今、英語をまったく話すことが出来ないという人や、少しは話すことが
出来てもどうしてもそれ以上上達しないという人に、一つ大きなヒントを
教えます(^^)
今英語を話すことが出来ない!という人も、このメルマガを読んでいる
ということは、少なくとも日本語を話すことは出来ますよね。

「そんなの当たり前だろ!」

はい、ごめんなさい(^^;
実は、英会話を上達させるには一つの「気づき」が必要なんです。

それは、簡単に言ってしまうと「会話の本質」というもの。

例えば、よく英会話の達人が「日本人は文法ばかり気にするから、なかなか
英語を話すことが出来るようにならない」なんて言いますよね。

もちろん基本中の基本といった簡単な文法は知っておかないと、言葉として
通じないのは当然のことです。

しかし、例えば文法書に書いてあるような難しい知識まで常に意識して
話す必要はまったくありません。

というよりは、そんな難しい文法知識を常に意識しながら言葉を話せる人
なんて、この世にいないのです。
例えば、あなたは日本語を話すことが出来ると思いますが、常に日本語の
文法を意識しながら会話をしていますか?

そんなことないですよね。
それと同じことが英語にも言えるのです。

英語を日常的に話す人、つまりネイティブスピーカーであっても、英文法を
常に意識しながら英語を話している人なんていないわけ。

それは日本人であっても、外国人であっても、子供の頃から言葉を覚える
過程で「文法」というものを特に意識しながら言葉を身につける人はいない
んです。

それなのに日本人は、特に英語を話すということになると「文法」という
ルールに完全適合していないと絶対にダメ!とばかりに神経質になって
しまいます。

英語を聴き取れない、聴き取れない!と嘆いている人も、文法に沿って
訳そうとしているからダメなんですね。

もともと文法に沿って話されていないものを文法に沿って訳そうとしても
理解出来るわけありません(^^;

ネイティブが話している英語は、私たちが日常話している日本語と同じ位
文法もメチャクチャで、とてもいい加減なものなんです。
そこをまず理解しておくことがとても重要です(^^)/

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ