日本語でも発言の前に内容を考えたりしませんか?

 

昨夜、中一の息子が電話の受話器を持ったまま

何やらブツブツ言っているので心配になり、

「どうしたの?」と聞いてみたのです。

 

 

すると、どうやら部活の友人のシューズを

間違えて家に持って帰って来てしまい、

友人も困っているだろうから電話をかけたい

と言います。

 

 

時刻は既に21時過ぎ…。人の家に電話するには、

少し迷惑な時間です。ただ、そんな時には

「夜分遅く申し訳ありませんが」

という一言を付け足すのが礼儀であることは

知っていたようで、少し感心しました^^

 

 

まぁ大人なら誰でも知っている言葉では

ありますが、中一の息子からすると、

その言葉を発することが人生初めての経験

だったようで…。

 

 

何度も何度も、口に出して予行演習をして

います(笑)

「すみません、夜分遅く申し訳ありません」

「夜分遅くに電話をしてごめんなさい」

「こんな遅くに電話をして申し訳ありません」

等々、色々なバリエーションを試して

いました。

 

 

ただ、このような発言の前の「予行演習」って、

結構大人になってからもやりますよね?

特に重要な内容の発言の前とか、相手に

言い辛いこととか、何度も言い方を考えて、

シミュレーションをしてから口に出すかと

思います。

 

 

で、こんなのは日本語も英語も同じことで、

結局英会話の際も、自分が話す内容を事前に

頭の中で考えておき、それを何度も練習して

シミュレーションしてから話すようにすると

スムーズに英語を口に出せるというわけです。

 

 

しかし、どういうわけか多くの日本人は

そのような事前準備・練習・シミュレーション

を徹底的に行うことなく、その場のノリで

英語を話そうとします。結果、言いたいことが

うまく言えず、相手の英語をフンフンと頷き

ながら聞くだけで会話が終わってしまいます。

 

 

これは本当に重要なことですから、何度でも

言いますが、あなたが英語を話せるように

なりたいのであれば、まずはあなたが自分の

口から出す英語の内容を知ることが先決です。

 

 

それを知ろうとせず、場当たり的に英会話に

臨んでも、あなた自身が知らないことを

どうやって英語で口に出せるでしょうか?

 

 

あなたが知らない言葉は、あなたが逆立ちを

しても、何をしても、出てこないものは

出てこないのです。これは至極当然でシンプル、

当たり前の話ですね^^;

 

 

では、今英語を上手に話せない人は一体

どうすれば良いのか?答えは本当に単純です。

そうです、あなたが英会話で話したいことを

先に知って頭に入れておけば良いのです。

 

 

でも、どうやってそれを英語で準備して

覚えれば良いのか分からない?さらに発音の

仕方もサッパリ分からない?

 

 

…それなら、もう何も言いませんから、

あと4時間半で第一期受講生の募集が完全に

終了となる以下の新講座に参加して下さい。

この新講座が、そんなあなたの悩みを一気に

解決してくれるはずです。

 

 

180日間の受講料返金保証もついていますから、

あなたにはまったくリスクがありません^^

まずは半年間試してみて下さい。

話はそれから、です^^

【注意:あと4時間半で完全に終了となります】

↓↓↓
http://www.loftypub.com/pattern_speaking/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年11月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ