英語を理解する上で重要な RBTL を知ってますか?

日本語でも KY なんて言いますが

(もう死語なんでしょうが^^;)、

英語にも似たような言葉があります。

それが RBTL、つまり read between the lines

ということ。

 

 

read between the lines というのは、

直訳すれば「行間を読む」という意味。

「行間を読む」というのは、要するに

言葉を額面通りに捉えるのではなく、

その裏にある隠された真意を汲む…という

ことです。

 

 

こんなことを書くと、日本人なら

「行間を読む」という習慣があるのは

わかるが、英語圏の人々にもそんな表現が

あるんだ…と驚かれるかも知れませんね^^

 

 

ただ、今日お話ししたい RBTL (read between

the lines)は、いわゆるコミュニケーション上の

「空気を読む」「行間を読む」という話では

なく、英語を理解する上でのコツのお話です。

 

 

英語を読んだり、聴き取ったりすることが

苦手な人の特徴として、言葉の「額面」を

どストレートに受け取ってしまうという傾向が

あります。

 

 

もちろん英語は「言葉」ですから、

「言葉」の額面通り受け取って何が悪い!

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが^^;

やはり、ここでも read between the line

という考え方はとても重要と言えます。

 

 

つまり、読み取ったり、聴き取ったり出来る

直接の英語の「字面(じづら)」以外に、

真意を汲み取るべき部分が必ずあるという

ことです。

 

 

したがって、英語を読んだり聴き取ったり

することが苦手な人は、言葉で表されて

いる部分ばかりに捉われてしまい、その裏に

ある「真意」を見逃してしまいがちである…

ということですね。

 

 

よくリスニングの話で「木を見て森を見ず」

といった例えをしますが、まさにそれが

英語の「文字」ばかりに目が行ってしまい、

その裏に隠されている全体の意味(森)が

見えなくなってしまうということなのです。

 

 

あなたが英語を読んだり、聴き取ったりする

時には、RBTL (read between the lines)、

すなわち英文や英語の音声の字面だけでなく、

その裏に隠されている真意に目を向ける癖を

つけるようにすると良いです^^

 

 

追伸:

残り5名!もう何度も書いているので

そろそろ飽きてきましたが^^;

やってみたいな…と思った時が「やり時」

ですよ。そういう「キッカケ」「心の声」を

どうか大切にして下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/pattern_speaking/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ