全く緊張せずに英語を話せる人はココが違うのです

英語を話す時にひどく緊張してしまう…

という人は多いです。

特に相手が欧米人だと、それだけで

萎縮してしまうというか、引け目を感じて

しまう方も多いことでしょう。

 

 

特に緊張しがちの人の特徴として、

「自分を良く見せたい」或いは

「相手に良く思われたい」という

気持ちが人一倍強いことが挙げられます。

 

 

または、「相手に嫌われたくない」

という気持ちが強い場合にも緊張して

しまうものです。変なことを言って

失敗して、笑われたくない、変な人だと

思われたくない…と思えば思う程緊張して

しまうというわけですね。

 

 

一方で、まったく緊張せずに英語を

話せる人もいます。そんな人は、

英語だけでなく日本語を話している時も、

例え相手が初対面であろうと「平常心」で

普通に会話をすることが出来ます。

 

 

こういう人の特徴として「背伸びしない」

「等身大でいる」という傾向が挙げられます。

つまり「相手に気に入られよう」とは

端から思っていない人が多いのです^^

 

 

まぁ、マイペースと言えばマイペース

なんでしょうね。相手に嫌われようと、

相手が何と思おうと、我関せず…と言えば

少し語弊がありますが、あまり気にしない

性分ということです。

 

 

このような性格の人は、自分の能力以上に

自分を良く見せようとか、背伸びしてまで

相手に良く思われたいという気持ちが

そもそもありません。

 

 

そこで、多少の失敗をしても気にならないし、

故に緊張もしないということです。さらに、

緊張しないと英語も自然に話せるようになり、

話せば話すだけ英語も上達しやすくなる…

という「正のサイクル」に入りやすくなります。

 

 

従って、今英語を話す時に緊張してしまう方は、

なるべく「背伸びする」のをやめ、あなたの

等身大の姿で英語を話すように心掛けてみて

下さい。

 

 

はじめからペラペラと流暢に話せる人はいません。

皆、最初は「カタコト」から始めたのです。

そうやって、ある意味開き直ることが出来れば、

あまり緊張しなくなります。

 

 

特に英語のスピーキングにおいては、

純粋な英語力自体よりも、このような気持ちの

問題、メンタルの部分が大きく関与してきます

ので、よく覚えておいて下さい^^

 

追伸:

1月6日から開始となる本講座のプレ・準備

講座(来週12月1日より配信開始!)では、

そのようなスピーキングにおけるメンタル上の

問題などについても、色々と役に立つノウハウを

たくさんご紹介する予定です^^

 

残り9名!先行募集が終了する前に、

今すぐ参加表明をお待ちしています^

一緒に、楽しみながらスピーキング力を

身に付けましょう!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/pattern_speaking/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年11月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ