英語が得意な人は「貪欲」で「したたか」なのです

同じ日本人であっても、

英語がとても上手な人とそうでない人が

いるのはとても不思議ですね。

 

 

ただ、英語が上手な人というのは、

実は裏で、英語が苦手な人が思いもしない

ようなことをしているものです。

 

 

例えば、英会話の前に自分が話す内容を

しっかりと英語で準備して覚えていたり、

英会話の際にネイティブが使っている

慣用表現をこっそり盗んで、次の会話で

チャッカリ自分の表現として使っていたり…。

 

 

そういう意味では、英語が得意な人

というのはとても「貪欲」です。

自分が口に出すことはしっかりと下調べし、

相手が口に出していることで真似出来る

ものはどんどん取り入れてしまうのですから。

 

 

また、「したたか」とも言えますね。

一般的な人が、ネイティブ・スピーカーに

ベラベラ~ッとまくし立てられると

「うっ…(泣)」となってしまい、

そのまま下を向くか、尻尾を巻いて逃げて

しまう一方で、ちょっとやそっとのことでは

ヘコまずに、ガツンと立ち向かうことが

出来ます。

 

 

ちょっと間違った表現を使って笑われた

ぐらいでは何とも思いません。むしろ、

そんな失敗談を笑い話のネタとして

逆に利用してしまうぐらいの勢いがある

のです。まさに「転んでもタダで起きない

精神力」というわけです^^

 

 

常に感じるのは、日本人のメンタル的な

弱さです。ちょっと欧米人にまくしたて

られて聴き取れないと、それだけで意気

消沈してしまったり、とても緊張して

しまったり…。

 

 

英語を話す時はもっと図太い気持ちで

いきましょう。お酒を飲むと英語を話す

のがラクに感じられるのは、結局

そういうことなのです。

 

 

そして実は、日本人の多くはメンタル面

のネックさえ取り払うことが出来れば、

今すぐにでもペラペラ話し出せる程の英語の

基礎力・ポテンシャルを十分に持ち合わせて

いると言われています。

 

 

ぜひ、あなたが英語を話す時は、常に

「貪欲で」「したたか」「図太い」

精神力で臨んで頂ければと思います^^

 

 

追伸:

えーと、明日から「スピーキング力」を

身につける重要なノウハウについて

数日に渡ってお話しする予定です。

永久保存版レベルの内容となりますので、

ぜひお楽しみに!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ