英語の習得はとにかく「要領良く」

さて、今日からは久しぶりに「英会話の上達法」に関するお話をしたいと
思います。

今回は「要領のいい人」の話(^^;

別に英語だけに限ったことではありませんが、この世の中、要領のいい人
っていますよね。

何でも簡単に、本当に涼しい顔して何事もサラッとこなしてしまう人。

要するに「要領がいい」人ですね。

こういう人というのは、英語の習得にしても本当に時間をかけずに、
周りが「え?」っと驚くほど短期間に英語力を身につけてしまいます。

それはもう本当にアッと言うまにステキな英語を話せるようになってしまう
んです。

で、こういう要領のいい人と、一般的な人の違いって何だと思いますか?

まず、一つに言えることは、このような要領のいい人というのは、自分が
必要と思うことだけをきちんと把握出来ているということです。

つまり、必要なことだけを選別して身につけるわけですね。

英会話の習得であれば、自分が話すべき内容だけをあらかじめ準備している
わけです。

一方で、一般的な人というのはまず英文法書の最初から最後までを完璧に
理解し、単語張の何千という単語すべてを暗記しようとするわけです。

その上で、実際の英会話において自分が話そうとすることを一生懸命
「英訳」しながら話そうとするんです。

だから時間がかかるし、なかなか会話がスムーズに進行しない。

要領のいい人というのは、英文法書のすべてを理解しようともしないですし、
自分の話したいことに関係のないボキャブラリーまで何千も暗記しようとも
思いません。

重要なのは「必要なこと」を「必要なだけ」頭に入れておけば、英会話という
ものは簡単に成り立つという事実を理解することと言えます。
今、英会話の上達で悩んでいる人は、まずそこを理解してみて下さい。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ