いきなりハードルが高い目標を立てていませんか?

 

よし!これから英語の勉強を始めるぞ!と

意気込んで、しかし数週間経つと

当初の勢いがなくなってしまう英語学習者は

とても多いです。

 

 

そんな学習者に共通していることが、

いきなり高い目標を設定してしまい、

スタートダッシュで息切れしてしまう…

ということです。

 

 

確かに、人間は何かやろう!という時には

気持ちが昂ぶっていたり、どんなことでも

出来そうな気分になるものです。

 

 

しかし、どんな人でも最初から飛ばし過ぎれば

息切れしますし、最初から高い階段を登ろうと

すれば、途中で辛くなってしまいます。

 

 

一方、英語学習のスタート時点で失敗せず

うまい具合にペースを掴める人というのは、

決して初めから高過ぎる目標を立てたり、

スタートから猛ダッシュで駆け出す…という

ことをしません。

 

 

初めは、まず自分に越えられそうなレベルの

目標から徐々に達成していくようにします。

そして少しずつペースを上げ、目標を高め、

一つずつ着実に達成していくわけです。

これは階段と同じですね。

 

 

いきなり1メートルの段差の階段を登ろうと

しても、かなり辛いです^^; というか、

誰も登り続けることは出来ないでしょう。

 

 

しかし、1段が十数センチ(低過ぎても逆に

上り辛いですが…)の階段ならどうでしょう。

誰もが簡単に上れますね。そうやって、

徐々に階段を上って行けば良いのです。

 

 

そんなこと分かっているよ!と言われるかも

知れませんが、その割には多くの英語学習者が

スタートでつまずいてしまっているようです。

 

 

もしあなたが、これから本腰を入れて

英語の勉強を開始する予定なのであれば…

ぜひ、初めから高過ぎる目標を立てず、

徐々にクリアしていくように気をつけて

下さい^^

 

 

■ 本日のメール講座の実践内容紹介コーナー!

【 洋画・海外ドラマで楽しく聴解ワーク! 】

今日は2010年に公開された、あの『 The Hangover 』

シリーズの制作陣とトッド・フィリップス監督による

コメディ・ロードムービー『 Due Date 』

(デュー・デート ~出産まであと5日!

史上最悪のアメリカ横断~)の動画を使った

聴解ワークを実践しました。さすがにコメディは

日常会話で使える慣用的な表現の宝庫です。

今日もたくさんのライン、パーツ、フォームを

身につけることが出来ました^^

 

なお「洋画・海外ドラマで楽しく聴解ワーク!」は

11月より大幅にリニューアル(アップグレード)

する予定です!今週、お得な受講生先行募集の

お知らせをお送りしますので、ぜひご参加下さい^^

 

【 ラインマスター毎日英語塾 】

今日はリスニングの練習をしました。今回は

VOA Learning English の音声から、

Words and Their Stories を聴き取りました。

Words and Their Stories は、アメリカで

慣用的に使われている英語の語句や表現を、

それらの由来と共に知ることが出来る、

英語学習者にとっては最高の素材ですね。

明日は TOEIC(R)テストの例題に挑戦する予定

です!受講生は毎日、毎日どんどん力をつけて

いってます^^

 

【 7ステップ・リスニング・トレーニング講座 】

今日は abc ニュースのメイン・キャスター

Leon Bibb が生放送中に titties と間違えて

言ってしまうハプニング(放送事故)動画を

視聴し、リスニング・トレーニングを実践しました^^

このように、英語圏のごく自然な英語を笑いながら

聴き取る癖をつけていると、知らないうちに

リスニング力がグーンと向上します。ちなみに

titties とはどういう意味かわかりますか?

知らない人はぜひ講座に参加下さい^^

 

* 受講開始日によって実践内容は異なります。

 

■ 上記渡邉のメール講座は不定期のキャンペーン等で

受講生を募集しております。ぜひ、機会があれば、

あなたもご参加下さい^^(チャンス!と思った時が、

「始め時」ですよ~)

 

なお、自分に合った講座がわからない!という方は

ぜひお気軽に「最適な講座を教えて下さい」と

メール下さい。渡邉が直接、あなたにピッタリの

講座をお選び致します^^(本メルマガに返信の形で

お送り下さい。すぐに返信差し上げます)。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ