「恥ずかしさ」を克服すると英語が驚く程上達します

 

英語を話すのが上手な日本人を見ていると、

一つの共通点があることに気づきます。

それは…「恥ずかしがらない」ということ。

 

 

逆に、英語を話すのが苦手な人は、常に

自信がなさそうで落ち着かず、クネクネしたり、

モジモジしたり、伏し目がちだったり、照れ笑いを

したり…つまり「恥ずかしがってばかり」いる

のです。

 

 

確かに英語を話すことって、最初はとっても

恥ずかしいですよね^^; 私も初めはものすごい

抵抗感がありました。

 

 

何といっても外国人は身振り手振りが大袈裟ですし、

表情も豊かで、日本人の感覚からすると、そんな

ジェスチャーを真似するだけでも顔から火が出るほど

恥ずかしく感じるかも知れません。

 

 

しかし、この日本人の「恥ずかしがり」が、

英語習得の上での大きな支障となり得るのです。

なぜなら、英語というのは日本語よりも遥かに

emotional な(感情に依存する)言語だからです。

 

 

emotional… つまり、英語を話す時には、

出来るだけ感情を込めて話さないと「英語らしく」

聞こえないということですね。その為にはいつまでも

モジモジと恥ずかしがっていてはダメよ、ダメダメ~

ということです(もう古いっすかね?^^;)

 

 

そんな「恥ずかしさ」を克服するにはどうすれば

良いでしょうか?

一番のコツは「なりきってしまう」ということです。

つまり、英語を話す時には「英語を話す自分」という

モードに入りきってしまうということ。

 

 

そこで中途半端に元の「素の自分」がいると、

ちょっとした瞬間に「うわ~恥ずかし~!」と

感じてしまうというわけです^^

 

 

だから英語を話す時は、もう徹底して英語を話す

モードに入って、バイリンガル人間に「なりきる」

ということ。これがとても大切ですね。

 

 

実際、中途半端に恥ずかしがっているのが

実は一番カッコ悪くて恥ずかしいです。だから、

やるならやる(英語を話すなら、話す!)という

スタンスで、メリハリをつけて英語を話すように

すると良いでしょう^^ ガンバッテ!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年10月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ