英語習得:細かいことに捉われ過ぎていませんか?

 

私のメルマガやブログを読んで下さっている方は

いかに「細かいことにこだわり過ぎること」が、

英語の上達の妨げになるか、もう既に十分に

理解されていることと思います^^

 

 

しかし、それでも毎日のように「細かいこと」に

こだわり過ぎていらしゃる読者や受講生からの

質問のメールをたくさん頂くのです^^;

 

 

例えばリスニングで単語が聴き取れないとか、

スピーキングで正しい文法通りに話せないとか、

そんな細かいことばかりに捉われて、

なかなか前進出来ない方が多いようです。

 

 

これは本当に大切なことなので、

何度でも言わせて頂きますが、

例えリスニングで単語が正確に聴き取れなくても、

或いはスピーキングで正しく文法通りに話せなくても、

英語でのコミュニケーション上、大きな支障となる

ケースはほとんどないと断言出来ます。

 

 

いえ、もちろんあなたが非常に重要な大国間の

首脳会談の同時通訳でもやるというのなら、

話は別ですよ^^ しかし、一般的な英会話とか、

仕事上での英語のコミュニケーションにおける

英語力を求めていらっしゃるのであれば…

 

 

単語の一つや二つ聴き取れなくても、

正しい文法通りに話すことが出来なくても、

まーったく気にすることはないですし、

逆にそこまで完璧に出来てる人なんて存在

しませんよ^^

 

 

むしろ、そのような「細かいことに捉われること」

が癖になってしまっていると、本当に英語が

上達しづらくなりますので、気を付けた方が

良いです。

 

 

私の周りには英語を話せるようになった日本人が

たくさんいますが、例外なく彼らは「大雑把に」

英語を捉えます。逆に、「細かいことばかり

気にしている人」は、ほとんどのケースで

英語が上達しません(いつまでも、細かいこと

ばかり気にしていて、一向に話せるように、

或いは聴き取れるようにならないのです)。

 

 

どうか、あなたが細かいことばかり気になったり、

重箱の隅をつつくようなことで頭を悩ませていたり

するようであれば、今すぐにその癖をなくすように

した方が良いです。

 

 

英語はもっと大雑把に、ザックリと、楽しく、

ワイルドに(!)身に付けていくと良いです^^

そのような姿勢で英語学習を続けていると、

そのうち細かい部分も聴き取れたり、或いは

より適切な表現で英語を話せるようになったり

しますので、心配し過ぎないことが肝心です。

 

 

追伸:

週末出張の為、明日の夕方のメルマガは

お休みさせて頂きます。

また来週お会いしましょう~!^^

どうぞ良い週末を。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ