英語習得では精神論と方法論のどっちが重要か?

 

日本人は「精神論」が好きだとよく言われます。

精神論というのは何か物事を成し遂げようとする時に、

精神的なことでそれを何とかしようとするもの

ですね。「根性論」も精神論の一つです。

 

 

私は、元々スポーツが苦手で、いわゆる体育会系の

ノリが大嫌いでした。何でもかんでも「気合でやれ!」

みたいなことを言うガサツで横暴な体育教師を

今でも呪っている程です^^;

 

 

一方、精神論に対する「方法論」というのは、

気合でやれとか、歯を食いしばって我慢すれば

いつかは報われるといった非科学的な迷信とは真逆の、

理論的な方法をもって目的を達成するアプローチ

を意味します(「方法論」という語には他にも

さまざまな定義がありますが)。

 

 

そこで、英語習得においては精神論が重要なのか、

それとも方法論なのか?…という話ですが、

結果から言いますと、日本人の場合は「精神論」

の方が遥かに大切と言えます。

 

 

「ええ~っ!体育会系のノリが嫌いな渡邉先生が

ナゼ精神論を!?」と言われるかも知れませんね^^

しかし、これは本当に、日本人にとっては

「精神論」が重要なのです。

 

 

なぜなら、日本人が英語を満足に話したり、

聴き取ったり出来ないという原因の大半を占める

のが「精神的な(メンタル的な)問題」だから、

です。

 

 

例えば、リスニング。いざ外国人を前にすると

パーッとアガって緊張してしまい、頭の中が

真っ白になると、もうそこでまともに相手の

話していることを聴き取れなくなる人がいます。

または、いきなり早口の英語でまくしたてられ、

ひと言でも聴き取れない単語が出ると、

もうそこから「ダメだ~!聴き取れない!」と

パニックに陥ってしまう人もいます。

 

 

或いは、スピーキングにおいても同じことが

言えますね。英会話において、やはり緊張したり

パニックになってしまうと、言いたいことが

丸っきり言えなくなってしまう日本人はとても

多いものです。これらはいずれも「精神面の弱さ」

に起因する、メンタルの問題です。

 

 

ある研究では、平均的な日本人はもう既に十分に

英語でコミュニケーションを取ることが出来る

基礎英語力を身に付けていると言います。

つまり、既に十分なポテンシャルを持っている

のです。

 

 

しかし、それでも実際の英会話や TOEIC の

試験などで本来の実力を発揮できないのは、

要するに日本人の外国人に対する劣等感やら、

必要以上の憧憬(あこがれ)に起因する精神

(メンタル)面での弱さ・不安定さが原因に

なっているというわけです。

 

 

したがって、精神論、精神論とバカにしたり、

軽視したりする人がいますが(私もそうですが^^;)

こと英語に関しては、日本人は精神的な部分、

特に外国人(欧米人)に対してメンタル的な

部分を強化する必要があるのではないでしょうか。

 

* もちろん、方法論も重要ですよ。すべてバランスの

問題です^^

追伸:

はい、というわけで、そんなメンタル面を

強化するにも、こんな洋画・海外ドラマの動画

を見まくって勉強する楽しい「英会話力養成講座」

や「TOEIC(R)対策講座」が効果的です^^

 

今日を逃すと、この次は受講料がかなり高くなって

しまいますから、いずれ受講するつもり…という

方は今すぐにお申込み下さいね^^ 損しないように…。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/newmovie_drama/

 

* これにて新講座の先行募集のご案内はすべて

終了させて頂きます。たくさんのお申込みを

頂きまして誠にありがとうございました!

お申込み頂いた方は、この秋から新講座でバッチリ

英会話力、リスニング力、そしてTOEIC攻略力を

身に付けましょう!一緒に頑張りましょうね^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ