英語の口語を知ればナゼ聴き取れないのか納得出来ます

 

いくら練習しても英語が聴き取れない…

本当にナゼ聴き取れないんだろう???と

頭を抱えて悩まれている英語学習者は

とても多いです。

 

 

もちろん、英語を聴き取れない原因

というのは色々とあるわけですが、

例えば「口語の表現を知らない」というのも

一つの原因と言えますね。

 

 

口語というのは、いわゆる「話し言葉」

のことですが、書き言葉と違って

非常にラフであったり、非標準の表現

であったりするわけです。

 

 

例えば、俗語とか卑語、スラングといった

言葉が「口語」に入りますが、このような

英語の慣用的な表現を知らないことが

英語を聴き取れない一つの大きな原因と

なり得ます。

 

 

それは例えば私たちが日本語で会話して

いる時のことを考えてみれば想像に難くない

でしょう。「ぶっちゃけ」「キモい」

「きょどる」「ディスる」等々どんどん

新しい俗語が出現しては一般化していきます

(もちろん淘汰されるものもあります)。

 

 

そして、こんなのは「知らなければ」

何百回聞いたところで聴き取れる(理解

出来る)わけがないのです^^; ここで

重要なことは、これは純粋なリスニング力の

問題ではないということ。

 

 

しかし、英語が聴き取れないと嘆いている

英語学習者は、言ってみれば「パニック状態」

に陥っていますから、それが口語(俗語)を

知らないが故なのか、自分のリスニング力に

問題がある故なのか分からず、ドーン…と

落ち込んでしまうわけですね。

 

 

そこで、普段から英語の口語(俗語、卑語、

スラング等)に積極的に触れると良いです。

このような慣用語・表現に関しては英辞郎や

Weblio といったオンライン辞書でも意味を

調べることが出来ますが、お勧めは以下の

Urban Dictionary です。

Urban Dictionary:

http://www.urbandictionary.com/

 

 

このオンライン辞書は、一般的なスラング

だけでなく、ユーザーが意味や例文を

投稿出来るようになっている為、より

タイムリーで柔軟に俗語を調べることが

出来ます。スラングならどんな語であっても

一発で意味を知ることが出来ますよ^^

 

 

追伸:

でも、そもそも、どうやって口語の英語と

触れるようにしたら良いのかわからない?

それなら、この新講座に絶対に申し込んだ

方がいいです。この新講座では、毎回

洋画や海外ドラマといった楽しい動画を

使って、英会話力の養成やTOEIC(R)の対策を

楽しく笑いながら行うことが出来ます!

 

しかも、一般的な英会話教材等ではまず

扱わない最新のスラングや口語表現も

満載ですから、まさに「即戦力」となる

英語表現力・聴解力を身に付けることが

出来るのです^^

 

格安料金の先行募集は残り5名以下。

いずれにしても明日で募集は完全に終了!

今すぐ、乗り遅れないで~^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/newmovie_drama/

*注!【明日9月30日で先行募集はすべて終了(締切)となります】

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ