リスニングは覚えることよりも慣れることの方が大切

 

英語のリスニングで悩まされている

日本人はたくさんいます。なぜ英語を

聴き取ることが出来ないのか?という理由

(原因)については色々とありますが、

その中で大きいのが「音が変わる」という

原因ではないでしょうか。

 

 

これは日本語であっても、英語であっても、

他のどの言語であってもそうですが、

一つ一つの単語の発音と、実際の会話などで

口から出てくる際の表現の発音とでは

「音」が大きく変わるものです。

 

 

簡単な例で言えば、Did you ~? といった

英語の発音は、単語単位で言えば「ディッド」

と「ユー」ということになりますが、

これらがつながると「ディッジュー」といった

発音になるわけです。

 

 

こんなのは日本語であっても「ありがとう

ございます」が「あざーす」になったり…

(ちょっと違うか^^;)、それこそ星の数ほど

あるわけです。

 

 

で、こういうのをどうやって覚えれば良いのか?

というご質問をよく頂くのですが、私としては

このような変化の例を一つ一つ分析して覚えるのは

あまりにも大変なのではないかと思います

(さらに非効率とも言えます)。

 

 

私自身、そのような分析や暗記をせずとも、

これらの英語の発音の変化を聞き分けることが

出来るようになりましたので、そこまで厳密に

捉えないでも大丈夫なのではないかと感じる

のです。

 

 

では、どうやってこのような英語の音の変化を

聞き分け、理解出来るようになるかという話ですが、

それは「覚えること」ではなく「慣れること」に

鍵があります。

 

 

面白いもので、一つの発音の変化に慣れると、

次に同じ音、或いは派生の音が出た時に

「あ、これは○○の音だな」というのがわかる

ようになります。一つ一つの発音の変化を

「暗記」して対処するというよりは、

完全に音の変化に「慣れる」という感覚ですね。

 

 

具体的に例を挙げれば、「~しておけば良かった」

といった過去の後悔を表す表現に should have p.p.

というのがあります(p.p. は過去分詞)。

この発音は特徴的で「シュッド・ハヴ」ではなく

「シュダヴ」、could have であれば「クダヴ」

のように短縮して発音されることが多いです。

 

 

この場合、「ダヴ」の音に慣れていれば、

「シュ~」とくれば sholud have 、「ク」と

くれば could have …のように聞き分けることが

出来るようになるわけです。

 

 

このような英語の音の変化に慣れることで

派生の他の音の変化にも自然に対応出来るように

なります。

 

 

はじめのうちは、なかなか聞き分けることが出来ず、

イライラしてしまうかも知れませんが、このような

英語の音の変化を「覚える」のではなく、ひたすら

「慣れる」ことで徐々に聴き取れるようになります

ので安心して下さい^^

 

追伸:

そんな英語の音の変化に慣れるには、

ネイティブ・スピーカーたちの自然な英語を

とにかくたくさん聴き続けることが有効です。

 

この新講座では、そんなネイティブ・

スピーカーたちの英語音声に、楽しい映画や

ドラマといったエンターテイメント系の動画

を通して無理なく「慣れて」いきます。

 

特別割引料金の先行募集はいよいよ残り

10名以下となりました。終了間近ですので、

ぜひこの機会をお見逃しなく!^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/newmovie_drama/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ