固定観念に捉われていると英語の発音は改善しません

 

日本人にとって英語の発音は難しいですね。

しかし、中にはネイティブと同じような

英語の発音を手に入れている日本人がいるのも

事実です。あなたの周りにもそんな羨ましい

日本人がいるのではないでしょうか?

 

 

一般に、英語の発音矯正のルールは

1.大きな声で息を使って発音すること。

2.恥ずかしがらずに発音すること。

3.聞こえるままに真似して発音すること。

の3つが重要です。

 

 

特に、3つ目の「聞こえるままに真似して発音

すること」がとても大事なのですが、

日本人はどうしてもこのルールを守ることが

出来ません。

 

 

なぜかというと、英語の発音の「固定観念」に

捉われ過ぎているからです。これは日本語に

外来語が多いことが原因の一つでもありますね。

例えば cool という単語があります。

 

 

これは「冷たい」とか「涼しい」という意味の他、

口語では「すごい」とか「カッコいい」とか、

そんな意味で頻繁に使われる英会話定番の語です。

で、これを日本人は「クール」と発音するのですが、

実際には、ネイティブ・スピーカーは「クーウ」とか

「クーオ」のように発音しています。

 

 

L で終わっているのになぜ「ル」じゃないの?

なんて思われる方も多いですが、実際にネイティブ

の発音を聞くと、「クーウ」「クーオ」のように

聞こえるのです。

 

 

そして、もし cool が「クール」でなく「クーウ」

とか「クーオ」と聞こえるのであれば、「クール」

という固定観念に縛られることなく「クーウ」

「クーオ」と恥ずかしがらずに発音してみると

良いわけです。

 

 

しかし、クールなのにクーウなんて発音すると、

「何だよお前、何カッコつけてんだよ、欧米か!」

と突っ込まれると恥ずかしい…とか(欧米か!は

古いですが^^;)、そんなことはこの際考えない

ようにした方が良いです。

 

 

英語の発音が上手な日本人は固定観念に捉われる

ことがありません。聞こえたら、聞こえたままの

発音を優先するのです。そして、それを

恥ずかしがらずに口に出してみる…。

 

 

発音の矯正なんて、そんな単純な、シンプルな

ことで出来るんですよ^^

あなたもぜひ洋画や海外ドラマを見ながら、

固定観念に捉われることなく聞こえたままの

英語の発音を真似て、自分のものにして下さい。

 

 

追伸:

今度の新しい「洋画・海外ドラマで楽しく~」

講座では、発音の矯正にも力を入れています。

 

どうしてもカッコいいネイティブの英語の発音を

手に入れたいんです!…そんな要望にお応えして、

新講座ではより詳しい発音矯正のための解説を

充実させる予定です。期待して下さい!

 

定員に達する前に今すぐお申込みを^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/newmovie_drama/

mdec01

mdtt01

 

* 新講座に関するご質問がございましたら、

本メルマガに返信の形でお尋ね下さい。

折り返し、すぐに回答をお送りいたします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ