お金をかけずスピーキング力を劇的に高める方法とは?

 

今日は留学時代に私が英語のスピーキング力を

グーンとアップさせた、誰もが簡単に出来る、

しかも無料で超効果的なトレーニング法を一つ

ご紹介しましょう^^

 

 

「え、お金もかけずに、そんな方法があるの?」

はい、あるのです。しかも、おそらく一番効果的

な方法なのではないでしょうか。

 

 

少なくとも、私は未だにこの方法を使って

英語力(特にスピーキング力)が低下しないよう

毎日練習を続けていますよ。

 

 

それこそが…「独り言」トレーニングです!

「なーんだ、独り言かぁ…」

まぁまぁ、そんなこと言わずに読んで下さい。

これ、マジで効果があるんですから^^

 

 

独り言…というと、何だかちょっと悪いイメージ

がありますよね。確かに、一人でブツブツ何か

つぶやきながら繁華街を歩いている人がいたら、

ちょっとオカシイ人か?なんて思うかも知れません^^;

 

 

しかし、実は独り言というのは「アウトプット」

の観点では、非常に優れた手段の一つと言える

のです。最近では「独り言セラピー」といった

心の病の治療法があるほどです。

 

 

で、話を英語に戻しますが、英語のスピーキング

が苦手という人は、純粋に英語が苦手…という

のではなく、この「アウトプット(自己表現)」

自体が苦手…という傾向があります。

 

 

自己表現が苦手な人は、独り言さえ口にせず、

ただ黙々と心の中で何かを考えているのです。

しかし、その「心の中の考え事」を、

少しだけ勇気を出して口に出してみて下さい。

 

 

もちろん、あなた一人で居る時に限りますよ^^

周りに誰も人がいない時、まるで相手に話しかける

かのように、或いは自分自身と対話するかのように

口に出してみるのです。

 

 

そして、それに慣れたら、今度は英語で独り言

をつぶやいてみます。一日の終わりに、布団の中で、

その日あったこと、思ったこと、感じたこと、

何でも構いませんから英語でつぶやいてみましょう。

 

 

少し慣れてきたら、自問自答形式の会話にすると

尚効果的です。まるで自分にインタビューする

ように英語で質問を投げかけ、それに対して自分で

英語の回答を口にするのです。

 

 

言いたいことが英語で分からなければ、その都度

辞書で調べて下さい。そんな風にして調べて

知り得た語句や表現というのは、そのままあなたの

英語の生きたボキャブラリーとして定着して

いきます。

 

 

重要なことは「声」に出すことです。

英語の勉強をして理解出来たと頭の中で納得

しているだけでは、本当に体得したことに

なりません。自分の声で、発話し、表現し、

アウトプットして、そこで初めてあなたの

「英語表現」を手に入れたことになる…と

いうわけです^^

 

 

それではどうぞ楽しい週末をお過ごし下さい!

(そうだ、来週すごい発表がありますので

お楽しみに~^^)

 

 

追伸:

というわけで、ESL講座の受講生募集は

これでオシマイ!残り1名!

最後の1名は誰かな~?あなたかも!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ