日常英会話で英語が聴き取れない原因の一つがコレ!

 

英会話教材やリスニングの教材の英語音声を

使って家で練習している時には、ある程度

英語を聴き取れるようになっても、いざ

ネイティブ・スピーカーと実際の英会話になると、

「うわ~!何言ってんだか、わかんねー!」

と慌ててしまう人は多いです。

 

 

その原因は、ナチュラル・スピードの英語が

非常に早口に聞こえることであったり、英語の

音声的な特徴に慣れていない為に「音」自体を

捉えられないことであったりするわけですが、

意外と皆さんが軽視しているのが「スラング」が

多いという原因です。

 

 

スラングというのは俗語とか、略語、隠語

といった類の、非公式の慣用的な語句や表現を

意味しますが、実はネイティブ・スピーカー

たちの英語の口語表現の中には、このような

スラングが使われる比率がとても高いのです。

 

 

しかし、一般的にこの手のスラングというのは

下品な表現であったり、汚い言葉であったり

する傾向がある為、一般的な英会話の教材や

教科書、リスニングの教材などでは詳しく紹介

される頻度が低いと言えます。

 

 

つまり、日本で英会話教材やリスニング教材を

使って一所懸命に聴き取りのトレーニングを

行っていても、英語圏で普通に使われている

一般的な英語を耳にすると、何だかサッパリ

わかんねー!ということになってしまうのです。

 

 

確かに、スラングには下品で汚い表現が多いです。

それは日本語でも同じことで、表向きには

きれいな言葉を覚えて、使わなければいけない…

という「建て前」がありますが、実際の会話では

大多数の人々が使っている日常会話の慣用的な

俗語、略語、隠語の類を知らないと、なかなか

理解するのは難しいということですね。

 

 

では、そのような英語のスラングはどうやって

覚えるのが最適なのでしょうか?

まず、一般的な英会話教材や教科書、リスニング

の教材などでは軽いものは学べても、ディープな

もの(本当に使えるもの)は学ぶことが出来ません。

 

 

したがって、教材として洋画や海外ドラマの音声、

あるいは YouTube 等でネイティブ・スピーカー

たちが話している会話をそのまま耳に出来るような

投稿動画を活用するのがベストです。そのような

「生の英語」には、本当にたくさんの自然な英語の

スラングが多く使われているからです^^

 

 

追伸:

そして、そんな英語のスラングをたくさん

学ぶことが出来るのが、この ESL 講座です!

もちろん、スラングとひとことで言っても、

実際の会話で使うと大変なことになるような

下品なものもありますので^^;、この講座では

ESL 受講生(留学生)向けの Cool なものを

選りすぐってご紹介しています。

 

例えば mickey mouse の意味が分かりますか?

これはディズニーのミッキーマウスではなく、

「古臭い」「ダサい」「取るに足らない」

「つまらない」といった意味のスラングです。

例:

My job is Mickey Mouse, but I love it.

「私の仕事はつまらないが、大好きだ」

(英辞郎より)

 

あるいは、nuke って意味が分かりますか?

nuke は「原子力」の意味もありますが、

日常会話のスラングでは、「電子レンジでチンする」

=「温める」という意味で一般的に使われている

慣用的な言葉です。

例:

I’ll nuke our dinner in a few minutes.

「すぐに夕食をチンするね」

 

こんな語は知らなければ絶対に分かりませんね^^

でも、知っていればリスニングでも聴き取れる

ようになるということです。知っている人だけが

理解出来るということです。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

この講座に参加して、留学生がたくさんの

スラングを覚えるように、あなたもたくさんの

スラングを身に付ければ良いのです^^

残り4名のみ!明日最終締切日です~!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ