一度に全て覚えようとしても難しいです。だから…

 

私は現在、5つのメール講座を配信しています。

いずれの講座でも、ネイティブ・スピーカーが

よく使う定番の英語の慣用表現をピックアップして

「これは会話でもよく使うパーツなので、

しっかりと覚えておいて下さいね!」なんて感じで

毎回ご紹介しています^^

 

 

もちろん、そんな「英語の慣用表現」というのは

たくさんありますから、全ての講座を受講されて

いる方にとっては、毎日相当な数の新しい語句や

表現をご紹介することになります。

 

 

したがって、そのような新しい語句や表現を

単純に覚えて、自分の言葉に組み込んで使って

みることで、多くの受講生が実際に英語を話し、

また聴き取れるようになっているわけですが、

たまに「なかなか全てを覚えられない…」という

方がいらっしゃいます。

 

 

確かに、メール講座では実際にネイティブ・

スピーカーが日常的に使っている語句や表現

だけを選りすぐってピックアップしているのですが、

全ての講座を合わせると、その数は膨大なものに

なります。

 

 

したがって、一度に全てを覚えようと思っても

なかなか難しいものです。これはメール講座の

受講生だけでなく、独学で英語を勉強されている方

にも言えることです。

 

 

例えば、洋書の多読トレーニングをしていて、

丁寧に全ての単語や語句、表現を書き出して、

ノートや単語帳などにきれいに整理し、それを

全て覚えようとされる方がいらっしゃるかも

知れません。

 

 

或いは、ディクテーション・トレーニングなどで

自分が聴き取れなかった不明語などを全て

書き出して、これも全て完璧に覚えようとして

いらっしゃる方もいるかと思います。

 

 

もちろん、それで全て覚えられるよ!という方は

まったく問題ないのですが、大多数の方は

一度に全てを半分「機械的」に覚えようとしても

なかなか大変なものです。

 

 

そこで、そのような不明語や新しく知り得た語句・

表現の中で、あなたが特に気になったもの、

なぜかその語句や表現がカッコいい(自分でも

使ってみたい)と感じたもの…を優先的に覚える

ようにすると良いです。

 

 

日本人には完璧さを求める方が多いので、

全てを覚えずに残すと何となく気持ち悪いというか、

後ろ髪を引かれる気持ちになる方もいらっしゃる

かも知れませんが^^;、全てを取ろうと欲張るよりは、

確実に頭に残るものだけを優先的に覚える方が

結果的には効率的と言えるかと思います。

 

 

もしあなたが、覚えることが多過ぎて

なかなか先に進まないと感じられているようであれば、

ぜひ「気になるもの」「自分の表現に取り入れてみたい

と感じるもの」を優先的に覚えるようにして、

残りは次の機会に残すような「ゆとり」をもって

英語の勉強を続けてみて下さい^^

 

 

追伸:

ご要望の声をたくさん頂いていますので、

明日から3日間限定で、ESL(バーチャル留学)

メール講座の秋の受講生募集キャンペーンを

人数限定で行う予定です!

 

この秋、留学生が海外の ESL(英語学校)で

実践している本場の英語学習プログラムを

日本に居ながらにしてあなたも体験してみませんか?

例えば、以下のような ESL サイトを使った

英語の勉強を行っています:

 

■ UsingEnglish.com

http://www.usingenglish.com/

ESLのインストラクターから英語学習者まで

さまざまなESLの課題、ワーク、エクササイズを

公開しているおススメESLサイトです。特に

Tests & Quizzes が非常に充実しています。

 

■ English Club

http://www.englishclub.com/

このサイトもESLのインストラクターと

学習者の両方に向けた情報を多く提供している

サイトです。学習者向けにはリスニング、

スピーキング、リーディング、ライティング、

文法、発音、語彙の各種レッスンの他、

ゲームやクイズなどもたくさん提供しています。

 

■ English Exercises

http://www.englishmedialab.com/

ビギナーから中・上級者までを対象に

英語のリスニングや文法、発音、語彙などの

エクササイズやワーク、動画をたくさん活用

出来るサイト。特にゲームやパズルなど、

エンターテイメント要素が多いので初心者に

向いています。

 

■ LearnEnglishFeelGood.com

http://www.learnenglishfeelgood.com/

ESL学生向けのグラマー(文法)エクササイズ、

ボキャブラリーテスト、発音や旅行英会話、

アメリカ口語のイディオムなどさまざまな

ワークを実践出来るおススメのESLサイト。

特に Video-Based Exercises (Listening

comprehension)は洋画や海外ドラマの動画を

用いたリスニングの聴解トレーニングが可能

です(実は、私の洋画・海外ドラマ聴解ワーク

講座のヒントにもなりました^^)。

 

■ Randall’s ESL Cyber Listening Lab

http://www.esl-lab.com/

日本でも ESL-Lab の名前で有名なサイト。

Randall Davis さんが運営しています。

Randall さんは日本で英語を教えていたことも

あるそうです。特にリスニング系のワークが

充実しています。

 

■ English as a Second Language

http://www.rong-chang.com/

ここも有名なサイトですね。かなり古くから

あり、コンテンツの量は圧倒的です。

特にリーディングやリスニングの素材が多く、

またライティングの Jumbled Sentences

「語順整序」問題などもおススメです。

とにかく内容が膨大なので、このサイトだけで

英語学習を完璧にこなすことが出来るのでは

ないかと思われるかも知れません^^

 

他にも非常にたくさんの ESL サイトがありますが、

一つだけ難点なのは、これらのサイトでは当然ですが、

詳しい日本語での解答や解説がないということです。

 

そこで、ESL サイトのご紹介から実践内容、

解答・解説までを詳しくサポートするのが、

私の「自宅でESL! バーチャル留学メール講座」

です^^

 

また、明日のメルマガで詳しいご案内を

お送りさせて頂きますので、ぜひ楽しみにしていて

下さい!あなたのご参加をお待ちしています^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語勉強法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ