なぜ多くの人は一年前と英語力が変わらないのか?

 

ちょっと思い出して頂きたいのですが…。

ちょうど今から一年前。去年の夏の終わり頃、

あなたの英語力はどのぐらいだったでしょうか?

TOEIC で言えば、スコアは何点でしたか?

英会話なら、どのくらい話したり、聴き取ったり

出来たでしょうか?もちろん、主観的なレベルで

構いません。

 

 

そして、そんな英語力が、一年経った今、

どのくらい上達したでしょうか?

TOEIC のスコアは何点上がりましたか?

もちろん、中には驚くほど上達された方も

いらっしゃることでしょう^^ しかし、

大半の方は… おそらく一年前と比べて、

それほどの変わりは無く、一進一退の状態を

続けていらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

いきなり失礼な話をしてごめんなさい。

しかし、今日のお話はあなたにとって

本当に大切なことなので、どうか怒らずに

聞いて下さい。

 

 

「どうして、こんなに勉強しているのに、

一向に英語を聴き取れるようにならないんだろう!」

 

「なぜ、こんなに練習しているのに、いつまで

経っても英語を話せるようにならないのだろう!」

 

「一体いつになったら、TOEICの目標点を取る

ことが出来るんだろう!」

 

…そんなフラストレーションをためて

いらっしゃる方はきっと、とても多いと思います。

 

 

そして、そんな辛い状況にある方に、

さらにこんな過酷な事実をお伝えするのは

少し憚りますが、もしあなたが今のまま、

英語の勉強を続けられるとしたら…それは

おそらく来年も… つまり、今から一年後も、

現状と大きく変わることはないかも知れません。

 

 

なぜなら、一年間英語の勉強を続けられてきて、

一進一退の状態が続いているということは、

あなたが適切な「英語習得の設計図(レシピ)」を

まだ手に入れられていない…ということに他ならない

からです。

 

 

逆に言えば、もし一年前と比べて飛躍的に

英語力が伸びている!と実感されているのであれば、

あなたは適切な「英語習得の設計図(レシピ)」を

既に手に入れられている…ということになります。

 

 

こんなことを言うと、あなたの耳はとても痛く

感じられるかも知れませんし、こんなことを

赤の他人の私にズケズケと言われたくないかも

知れません。

 

 

しかし、これは本当に大事なことですから、

あなたに嫌われることを覚悟で、敢えて言いますが、

もしあなたが一年前と比べて、英語力に大きく変化が

ないとしたら、それは今後一年間でも大きく変わる

ことはない…と考えて頂いて間違いありません。

 

 

では、どうすれば一年後に、英語力が飛躍的に伸びた!

と、心から気持ち良く笑うことが出来るのでしょうか?

そのためには、まず先に「設計図」を手に入れて

下さい。英語の目標地点まで適切に行くことが

出来る「地図」を手に入れて下さい。

 

 

それを手に入れずに、勝手な英語の勉強、

自分よがりな英会話のトレーニング、或いは

運任せの TOEIC 対策を続けられても、

時間と労力、お金ばかり無駄になって、

結局は一年後も、いえ二年後も、三年後も!

堂々巡りを繰り返すことになってしまうのです。

追伸:

その「設計図」「地図」はこの講座で手に入れる

ことが出来ます。昨日から20名限定で募集して、

既に15名の方が手に入れました。残り5名、

他に欲しい方はいませんか?【明日最終締切】

↓↓↓
http://www.loftypub.com/onlineschool149cmp/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ