子供の頃、あなたが心を躍らせていたことは何ですか?

 

このメルマガの読者の年齢層はかなり広く、

下はティーンエイジャーから、上は80代まで

(もしかしたら90代もいらっしゃるかも!)

たくさんの世代の方々に読んで頂いています。

 

 

だから、子供の頃「心を躍らせていたこと」

なんて一概に言うことは出来ませんが、

それでも、それぞれの世代の「子供時代」が

あって、きっと皆さんが心を躍らせていた

ことがあるんじゃないかなぁと思います^^

 

 

私は子供の頃から人一倍好奇心旺盛でしたので、

勉強はともかく、遊ぶこと(自分が楽しむこと)

には相当のエネルギーを注ぎ込むタイプでした。

自分の興味のあることであれば、疲れることを

知らずに何でも追いかけていましたね~。

 

 

小学生の頃は電車(鉄道)が大好きでした。

というか、一人で何処かへ行くのが好きだった

のです(放浪癖があった?^^;)。

 

 

小学4年生の頃、真冬にお年玉を握りしめ、

母親におにぎりだけ作ってもらって東京から

群馬県の鬼押し出しまで一人で行ったことが

あります。雪の中、バスの運転手が「家出少年」

ではないかと怪訝そうにジロジロ見ていたのを

今でもハッキリ覚えています^^;

 

 

それから、電子部品を使った工作にも

ハマりました。当時、神田に科学教材社という

電子部品や科学の実験用品などを扱うお店が

あったんです(…って、今もあるみたいですが^^;)。

 

 

そこと高円寺のエレックセンターという電子

部品屋さんに通っては、デジタル時計とか、

モグラ叩きゲームなんていうものを作り、

親や友達、先生を驚かせていました。

 

 

何といっても、電子工作が楽しかったのは、

回路を設計して、その通りに部品をハンダ付け

すると、実際に時計が動き出したり、ブザーが

鳴ったり、LED が光ったりする…という驚きです。

まさに、そんな「ワクワク感」のためだけに、

学校の勉強をほったらかして工作に没頭していた

のです^^

 

 

そのうち、電子音楽に傾倒するようになりました。

昔、YMO というバンドがあって(今もありますが^^;)

その真似がしたくて古いシンセサイザーを

親にねだって買ってもらいました。

 

 

その時も相当ハマりまして、シンセサイザー

を使ってドラムやベース、リードの音を作り、

テープに多重録音して曲をコピーしたのです。

これも本当に楽しかったなぁ…。この経験が、

今の「作曲」や「社会人バンド」という趣味に

つながっています。

 

 

で、長々と私の趣味の話をしてしまいましたが、

今日私が言いたかったことは、そんな子供の頃の

「ワクワク感」を、あなたは今も持ち続けていますか?

ということです。

 

 

子供の頃は、確かにどんなことであっても

ワクワクして楽しいものです。それは、体験する

全てのことが初めての経験であって、純粋に

色々なことを楽しむことが出来たからですね。

 

 

しかし、大人になって、世の中の酸いも甘いも

知り尽くすようになると、なかなか「ワクワク」

出来なります。何か新しいことに挑戦しよう

と思っても、「まぁ、どうせ出来ないよ」とか

「まぁ、どうせつまらないさ」とか、やる前から

意気消沈してしまうのです。

 

 

ただ、それではもったいないですよね。

「ワクワクすること」は何も子供時代だけの

特権ではありません。大人になってからも、

仕事や日常の雑事に忙殺されるだけでなく、

そんな子供時代の「ワクワク感」を思い出し、

何か新しいことに挑戦してみませんか^^

 

 

どうぞ楽しい週末をお過ごし下さい!

 

 

追伸:

大人になってから、映画の楽しさがわかるように

なりました。時にはハラハラする作品、時には

涙なしに観られない感動作品まで、幅広くご紹介

しています^^

 

そんな「洋画・海外ドラマを使った楽しい聴解

ワーク講座」にあなたも参加してみませんか?

毎回ワクワクしながら、自然な英語力を身につける

ことが出来る唯一のメール講座です【今夜最終締切】 :

↓↓↓
http://www.loftypub.com/movieenglish/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ