あなたの英語力は常に変動しています。だから…

英語の習得で「一喜一憂」される方が

とても多いです。確かに人間ですから、

英語力が上がったと思えば嬉しいですし、

下がったと感じれば落ち込みますね。

 

 

しかし、「英語力」と呼ばれるものは

実は常に変化・変動しているものです。

それは一瞬たりとも安定することは無いので、

あまり「一喜一憂」しない方が精神衛生上

良いかも知れません^^

 

 

例えば英会話で、今日はやけに調子よく

英語を話せたな~!と感じる時があるかと

思います。しかし一方で、今日はまったく

話せない…とか、相手の英語がサッパリ

聞き取れないとか、そんな調子の悪さに

落ち込む日もあるかと思います。

 

 

TOEIC(R)テストにしても然り、です。

前回よりも数十点、時には100点以上の

スコアアップを達成!なんて喜んだのも

束の間、次の試験ではガクッと点数が落ちて

またフリダシに戻ってしまった…なんて

こともよくあることです。

 

 

いずれの場合も、英語力というものが

常に安定しているものであるという

幻想を抱いていると、ちょっとした変動

(特に下降)時に、精神的なショックが大きく、

気持ちがドーンと落ち込んでしまうわけですね。

 

 

しかし、英会話において前回はやけに調子良く

話せたけれど、今回は調子悪いな…と感じても、

落ち込む必要はありません。英語のベテランで

あっても、そのような変動は皆感じるものです。

特に体調などは英語力に大きく影響します。

 

 

TOEIC(R)テストのスコアも、一回のテストで

ベストスコアを求めようとはしないで下さい。

ハイスコアを獲得している人は、皆複数回

受験し、その中でベストスコアを達成しています。

つまり、多少のスコアの変動なんていうものは

当然の覚悟の上のことで、「下手な鉄砲も

数撃ちゃ当たる…」の精神で頑張っているわけ

です^^

 

 

このように、英語力の変動を最初から覚悟して

おくと、多少の失敗や英語力の低下があっても

慌てなくなります。一喜一憂しないで済む

のです。

 

 

英語の習得においては「気持ちの落ち込み」や

「ネガティブ思考」が悪影響を及ぼしますので、

ぜひ日頃から英語力は変動するものだと理解し、

デンと構えて楽観的に行きましょう!^^

常に Don’t worry, be happy! の精神を忘れずに。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ