TOEIC(R)攻略法2【語彙構築】

前回からTOEIC(R)対策シリーズとしてお伝えしておりますが、今日も前回
の続きでボキャブラリー構築のお話からです。

暗記カードの書き方について、もう少し詳しく説明させて頂きますね。

前回お話ししたように、単語や熟語の暗記用カードは一般的な単語帳よりも
大きなサイズ(横9~10cm、縦5~6cm程度)のものを使うと良いです。

なぜ大きいサイズが良いかというと、そこにたくさん書き込みが出来るから
なんです。

普通は、単語集などに載っている単語や熟語をそのまま書き出しますよね。

ところが、ただ単に機械的に書き出して単語帳を作っても、それだけでは
なかなか記憶に定着しづらいんです。

なぜかって?

実は、暗記にはある程度の「負荷」が必要なんです。

この「負荷」というのは、例えばちょっと苦労して自分なりの訳を考える
とか、本や辞書に載っている例文をそのまま書き出すのではなく、敢えて
自分で書いてみるとか、そういった作業のことですね。

そういうちょっと「面倒臭い(^^;」作業があると、頭に多少なりと負荷が
かかりますので、記憶が定着しやすくなるんですね。

それから、単語カードの表面に英語を書いて、裏面に日本語の意味や発音
記号等を書き込むと思いますが、その時の意味(和訳)も単語集や辞書に
載っている字面をそのまま書き込まず、自分なりの解釈を書き込むように
します。

言ってみれば、その単語や熟語に対する自分なりの「イメージ」を書き込む
ようにすると良いんです。

自分で解釈し、自分でイメージした意味(和訳)を、自分の言葉で書き込む
ところが非常に大事です。

そうすることで、あなた専用の単語カードが出来上がります。

それは、世界にたった一つしかない、あなたのための単語カードですからね。
愛着もわきますし、その分記憶が定着しやすくなるわけです。

意味を知るときには英英辞書も恐れずに使ってみて下さい。一度使い始める
と、その効果がよく分かるようになります。今まで覚えられなかった単語が
本当の意味で頭の中に入り込んで、血肉化するわけです。

頭にある程度の負荷をかけて暗記する。そこが大事です。

いわば、こうして覚えたボキャブラリーというのは、本当の意味で記憶に
しっかりと定着したボキャブラリーですから、試験の際に強烈な効果を生み
出します。

連想記憶や無理やり丸暗記したボキャブラリーとはわけが違うんです。

実際、連想記憶や無理やり丸暗記した単語や熟語というのは瞬時に訳が出て
こない場合が多いです。

例えばTOEIC(R)などでは、単語を見た瞬間にいくつかの日本語の意味が
パッと出てこないと覚えている意味がありません。

特に試験ではこのスピードが致命的となりますからね。

えーと、えーと、この単語の意味はなんだっけ…なんてやっているのでは
スコアアップは程遠いです(^^;

実際、TOEIC(R)の高得点を目指して本格的に勉強している人は、ストップ
ウォッチを片手にやっているくらいです。

常に時間を意識し、英語を見て日本語の意味が、そして和訳を見て英語が
瞬時にパッと出てくるようになるまで繰り返し、繰り返しカードを使って
暗記しましょう。えーと、えーと…なんて言いながらやっと出てくるような
状態ではまだ実践で使える状態ではありません。

厳しいようですが、スピードは本当に命ですから、ここは気合を入れて
真剣にボキャブラリーを構築するようにして下さいね。
 

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ