類は友を呼ぶ…英語習得の「負け犬」にならないために

 

 

「類は友を呼ぶ」という言葉があります。

要するに、似た者同士は寄り集まりやすい…

ということですね。

 

 

この言葉を良い意味で捉えれば、

「意気投合したり、気が合ったりする人間

とは仲良くなりやすい」ということですが、

その反面、悪い人間同士も集まりやすい…

という意味に捉えることが出来ます。

 

 

例えば、他人の悪口ばかり言うような人には、

やはり同じように他人の悪口ばかり言う人が

集まります。怠け者には怠け者が集まり、

嘘つきには嘘つきが集まるのです。

 

 

なぜなら、やはり同じようなレベルの人間と

付き合う方がラクだからですね。怠け者は

怠け者と一緒にいれば、自分が批判されること

もないので気がラクというわけです。逆に、

常に前向きで向学心に燃える努力家は、怠け者

と一緒にいると苦痛で仕方がないのです。

 

 

そういう意味では、人は誰でも周りにいる人を

見れば、その人これまでの行動や傾向、現状の

レベルなどが大体分かるものです。人は必ず

自分が心地の良い所に身を置きたいと思う生き物

だから、です。

 

 

そこで、この「類友の法則」を英語習得に

落とし込んでみると、どうなるでしょうか?

 

 

例えば、もしあなたが独学で英語の学習を進めて

いるのであれば、一度勇気を振り絞って、

同じような英語学習者が集まるスクールや講座、

セミナーなどに参加することをお勧めします。

 

 

そこには英語を絶対に身に付けるぞ!という

向学心に燃えた、意識レベルの高い人たちが

たくさんいることでしょう。そして、そのような

「良い類」の中にあなた自身を入れることで、

あなたの向学心はググーッと上がるです。

これが「類友の法則」ですね。

 

 

大半の英語学習者は、自分に良い影響を与えて

くれる仲間を持っていません。それどころか、

多くの英語学習者は、夜な夜な匿名のネット

掲示板にアクセスし、そこで英会話スクールや

英語教材、英語講師の悪口などを書き込んだり、

閲覧したりしては「ホッと一安心」しています。

 

 

そんな暇な時間があれば、英単語の一つでも

覚えれば良いのに、どのスクールはダメだとか、

この教材はクソだとか、そんなネガティブな

情報を投稿・閲覧しては、匿名の仲間同士で

納得し合っているわけです。く、暗過ぎる…!^^;

 

 

「ああ良かった、やっぱり、あのスクールは

ダメだったんだ。あの教材は効果がなかったんだ…」

そんな風に、負け犬同士の「ホッと一安心」を

続けていると、完全にそっちの「類」に入って

しまいますので注意して下さい^^

 

 

 

追伸:

もちろん、このメルマガを読んで下さっている

あなたはそんな「負け犬」の類には入って

いないと確信しています^^

 

もっと言えば、「ラインマスター毎日英語塾」に

参加している受講生たちは、本当に向学心に燃えている

レベルの高い 英語学習者ばかりですよ!

 

ぜひ、この機会にあなた自身を、そんな高い

レベルの「類」の中に置いてみて下さい。

早ければ1か月で効果・違いが分かるはずです^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastersmc/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ