ネイティブが怒り出す日本人の完璧主義…

私の知り合いのアメリカ人通訳者が

珍しく怒っているので話を聞いたら…

自分が書いた英文(日本語からの翻訳文)

の文法が間違っていると「日本人」に指摘を

受けたというのです(笑)

 

 

まぁ、これは要するに私たちが

日本語で何かを書いたとして、その

文法の間違いをアメリカ人に指摘される

ようなものでしょうか^^;

そりゃ、ムカッと来るかもしませんね。

 

 

実際、私たちが日常に使っている日本語も

文法に厳密に合っている…というわけでは

ありません。私が書いているこのメルマガも、

ハッキリ言ってひどい日本語です^^;

 

 

しかし、それで意味は通じますし、

誰もが面白いと思って読んで下さっている

わけです。I hope so…ですが(笑)

 

 

ところが、日本人は真面目な性格の人が

多い為か、少しでも文法的におかしかったり

すると、例えそれがネイティブ・スピーカー

の書いた英文であっても許せないようです。

 

 

そのアメリカ人通訳者の怒りは収まらず、

なぜ日本人はこうも完璧主義者が多いのか?

と憤ります。確かに、私も日本人の「完璧主義」

が、英会話上達の妨げになっていると常日頃

から感じていますので、ユーの気持ちはよく

分かるよとなだめました(日系アメリカ人的?)。

 

 

しかし、アメリカ人の書いた英文に

ダメ出しした日本人も大したもんですよね!

私だったら、きっと「長いものには巻かれろ」

的に、「ま、そんなもんか~」で済ませて

しまいますが^^;

 

 

ちなみに、そのダメ出しした日本人は

英語を話すことが出来ないそうですよ。

何だか、そこに答えが見え隠れしている

ような気がするのです^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ