頭の良さと反比例する言語の習得能力とは?

仕事でタイ人の男性と知り合いました。

彼は日本に来てからまだ数ヶ月しか経って

いないのですが、日本語が本当に上手です。

 

日本に来る前に相当日本語を勉強したのか?

と思って尋ねてみたところ、ほとんど

勉強という勉強はしていなかったそうです。

 

それどころか、彼は満足な教育も受けておらず、

学歴がないことがコンプレックスであるとも

言っていました。しかし、日本語は本当に

上手なのです。

 

一体、どうしてそんなに日本語が上達したのか

秘訣を聞いてみたのですが、彼曰く、

日本に来てから周囲の日本人の言葉を

そのまま丸ごと真似して話しているだけだ

そうです。

 

確かに、私との会話の中でも、こちらが

ちょっと変わった表現を使うと、すぐにその

意味を聞き、次の瞬間には自分の言葉として

すぐに口に出して使うのです。

 

こんなことを書くと失礼かも知れませんが、

ハッキリ言って彼は、いわゆるエリートの、

頭が切れるタイプの人間ではありません。

 

どちらかというと、盛り場とか遊びとか、

女性とかが好きそうな、いわゆる「遊び人」

タイプの人間です。もちろん真面目なタイプ

ではありません^^;

 

しかし、そんな彼だからこそ、日本語を学ぶ

時に、難しい理屈(文法)で言葉を覚えようと

するのではなく、まさに見聞きした生の日本語

の表現を理屈抜きでそのまま真似て、自分の

ものに出来たのではないでしょうか。

 

頭の良い人というのは、言葉を覚える時に、

どうしても理屈で考えがちです。新しい表現

一つ覚える時にも、文法的に分解し、解釈して

納得しないと気が済まない傾向があります。

 

しかし実際には、このタイ人の男性のように

まるで幼児が言葉を覚えるかのように、

ネイティブ・スピーカーが(ここでは日本人

ですが)、口に出す言葉をそのまま何も考えずに

真似て、自分のものにする…というアプローチが

言語を習得する上ではベストなのです。

 

あらためて語学というのは、机に向かって

学ぶことよりも、実際の会話などを通じて、

理屈抜きで「体得」するのが一番なのだなぁ…

と感じました^^ あなたはどう思いますか?

 

 

追伸:

餅は餅屋、英語は ESL プログラムで

身につけるのが一番です^^

 

しかし、ESL プログラムとひとことで言っても、

さまざまなサイトが無数に存在し、こんなのを

選ぶだけでも一苦労ですね。

 

しかも、ほとんどの ESL サイトでは

優れたエクササイズやワーク、課題などを

無料で実践出来るものの、解答や解説が

不十分なケースが多いのが欠点と言えます。

 

そんなあなたにピッタリなのが、今回の

お盆休み特別【半額】キャンペーンを実施中の

「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」です^^

 

この講座では、1日あたりたったの「81円」で、

英語圏の ESL サイトを網羅した12ヶ月間全156回

ものワークやエクササイズ、トレーニングを

渡邉による「おもしろ詳しい」解答・解説つきで

毎回お送り致します!

 

あなたはすべて「お任せ」で、日本にいながらに

して留学生と同じ英語学校(ESL)の勉強を

実践することが出来るオール・イン・ワン特別

パッケージ。ぜひこの機会にご参加下さい!

【残り4名で終了となります】

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ