英語は「準備」に始まり「準備」に終わる

 

何でも「準備」は大切です。

大抵のことは「準備」をきちんと

行っておくことで最大のパフォーマンスを

上げることが出来ます。

 

 

TOEIC(R)テストや英検などの試験はもちろん、

海外旅行先等でのちょっとした英会話でさえ、

「準備」を欠かさなければ、どんな人でも

最高の結果を出すことが出来るのです。

 

 

しかし、残念なことに、私がこれだけ

「準備」「準備」と繰り返し言っているにも

関わらず、多くの人は準備を十分に行いません。

 

 

TOEIC(R)テストでさえ、何の対策や準備を

行わず(攻略の方法さえ知らずに!)、

「丸腰」の状態で試験会場に赴く人が

少なくないのです。

 

 

例えば、英会話においては、その日に

自分が話すであろう事柄をじっくりと

想像し(故に「想像力」が重要)、想定

される自分専用のライン(セリフ)を

しっかりと覚えて実践の場に臨むことは

基本中の基本です。

 

 

今や、そんなのは「準備」にも入らない程

当然のことかも知れません。準備を徹底的に

行う人は英語を話すのがとても上手です。

英語だけでなく、人とのコミュニケーション

がとても上手なのです。

 

 

仮に、ビジネス上とても重要な人と初めて

会うというのであれば、その人に関する

さまざまな情報を、出来るだけ多く事前に

収集しておくことも大切な「準備」です。

これはビジネスだけに限りません。

 

 

英会話で、相手のことを事前に知っている

のであれば、その人に関する情報を出来る

だけ多く集め、会話に備えるべきです。

 

 

具体的に言えば、今日英会話で会うという

相手が、最近興味を持っていること、或いは

最近どこかへ旅行してきた…といった情報を

知り得ているのであれば、その興味の対象や

旅行先について、事前に詳しく調べておく

のです。

 

 

そうすることによって、会話に花が咲きます。

そのような準備を怠ると、せっかく盛り上がる

会話も盛り上がらなくなってしまうのです。

 

 

少なくとも、こちら側は日本人で、英語を

話す上では元々大きなディスアドバンテージ

があるわけです。そのようなハンディがある分

「出来る準備は事前に徹底的に行っておく!」

というのは、私たちにとって当然の「義務」

なのではないでしょうか^^

 

 

追伸:

そして、そのような「徹底的な準備」を

裏でコッソリと、しかし着実に行っている

日本人だけが涼しげな顔をして英語を

ペラペラと話せるようになる…というわけです。

 

これは TOEIC(R)テストの対策(攻略)に

おいても重要な考え方ですので、ぜひ

覚えておいて下さい!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ