One of those days の意味は以下のどれですか?

One of those days の意味は以下のどれですか?

1.「いつも通りのありきたりな日」

2.「嬉しいことばかり起きる日」

3.「何をやってもうまくいかない日」

 

 

これは、本日の私の「ESLメール講座」で

扱った口語の定番表現なのですが、あなたは

この表現(パーツ)の意味が分かりましたか^^

 

 

実は、この one of those days というのは

「何をやってもうまくいかない日」という

意味の慣用的な表現です。例えば…

It’s just one of those days. で

「まあ、こういう日もあるさ」

「そんなこともあるよね」といった感じで

よく使われます(英辞郎より)。

 

 

この表現の意味を one / of / those / days

のように単語に分けていくら考えてみても、

「何をやってもうまくいかない日」という意味を

知らなければ、絶対にその意味を理解する

ことは出来ないでしょう。「それらの日々の一日」

って一体何なの?なんて…^^;

 

 

実を言うと、英会話であっても、TOEIC(R)

テストであっても、大多数の日本人が

one / of / those / days のように、英語を

細切れにして単語単位で捉えようとしてしまい

ます。

 

 

だから、英会話でもネイティブの英語が理解

出来ず、また TOEIC(R)テストでもスコアを

なかなか上げることが出来ないというわけです。

 

 

このような英語の表現というのは、慣用的な

まとまり(パーツ)で「丸ごと」覚えてしまう

のが一番です。それを細かく切り刻んで、

文法のような理論で捉えようとするから、

話が面倒臭くなるのです。

 

 

実際、英語が得意な人は、英語を細かく

切り刻んだりしません。One of those days

という表現をネイティブが使っていたら、

それをそのまま丸ごと覚えて自分の表現に

取り入れてしまうのです。

 

 

もしあなたの目標が英会話の上達であっても、

TOEIC(R)テストのスコアアップであっても、

このような英語の慣用的な表現というのは

丸ごと覚えてしまうのがベストです。

 

 

すると、あなたのスピーキング力と

リスニング力は短期間で格段の上達を見せる

はずです。これはとても大事なアドバイス

ですので、ぜひ覚えておいて下さい^^

 

追伸:

でも、一体どうすれば、このような

ネイティブ・スピーカーたちの慣用的な

英語表現を知ることが出来るのでしょうか?

それには、日本人向けの英会話教材など

ではなく、YouTube 等に投稿されている

英語圏の生の英語音声動画などを使った

リスニング・トレーニングが最適です!

今なら半額で、YouTubeに投稿されている

生の英語音声を使った楽しいリスニングの

練習講座に参加することが出来ます。

残り6名のみ。すべて私が手取り足取り

教えて差し上げますので、ぜひこの機会に

新しいリスニングの世界に飛び込んでみて

下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/seven-step-listening/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ