英会話の上達は「ああ言えばこう言う」が鍵です!

 

「ああ言えばこう言う」なんて表現は、

あまり良い意味では使いませんが、

要は、口数の減らない人のことですね。

 

 

どんなことを言っても、素直に聞かず、

いちいち口答えする人のことを意味します。

英語でも smart mouth なんて言い方を

しますが、これも良い意味では使われません。

例:

He’s got a really smart mouth.

「あいつは本当に『ああ言えばこう言う』奴だ」

例:

How about I shut your smart mouth, man?

「その生意気な口を黙らせてやろうか?」

(英辞郎より)

 

 

ただ、そんな悪いイメージの

「ああ言えばこう言う」ですが、日本人の

英会話の上達においては、そんなに悪いもの

ではありません。

 

 

むしろ、相手が英語で何か言ってきた時に

素直に Yes とだけ返して沈黙するよりも、

「それはちょっと違うんじゃないかな…」と、

問題提起する方が会話が盛り上がるものです。

 

 

また、元々の意味とは少し違いますが、

「ああ言えばこう言う」というのは

あらゆる発言に対する返答のバリエーションを

用意しておく…ということでもあります。

 

 

つまり、英会話において、外国人がよく

投げかけてくる定番の質問などがあれば、

それらに対して自分なりの返答をいくつも

準備しておく…ということですね。

 

 

それによって、まさに「ああ言えばこう言う」

という感じで、相手の発言に合わせて

適切な対応の発言が出来るようになるという

ことです。

 

 

そもそも、英会話というのは無限の広がりが

あるような気がしますが、実際のところは

毎回定番の話ばかりで、その内容は意外と

限定的なものです。

 

 

少なくとも、よく話題に上がる内容については

それぞれしっかりと「返答」を用意しておき、

「ああ言えば、こう言う」というスタンスで

それぞれの質問や発言に対応する英語を口に

すれば良いということです。

 

 

重要なことは、相手の意見や発言に対し、

ただ単に Yes で済まさないということ。相手に

「こいつは本当にああ言えばこう言う奴だな…」

と思わせることが出来れば成功です^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年7月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ